大阪市立梅香小学校

未来を切り拓く心豊かな子どもを育む
10月TOP 校章.png 10月玄関掲示

梅香小学校の英語教育

ますます進展するグローバル社会において、世界標準語である英語でのコミュニケーションが、さらに重要なものとなってきています。この英語コミュニケーション能力を育成するためには、スキル(知識や技能)開発に加え、成果を生み出す能力、所謂コンピテンシー(行動特性)を養わなければならず、そのためには英語コミュニケーション実践の場を設けることが重要です。本校では、外国人講師による英語授業に加え、毎日の短時間学習、そして実践英語を習得するための国際交流活動などを実施しています。

言語・文化的バックグランドの異なる子ども同士が交流できる場を構築し提供することは、子どもたちの「グローバルな感覚」の素質の育成と、グローバル人材育成に役立つものと考えます。

NETによる授業【基礎】

Native English Teacher(NET)によるNo Japanese、All English授業を推進しています。英語学習のプライオリティ−であるリスニングを本物の発音・発話により習得し、英語コミュニケーションの基礎を育成しています。
クリスマスカード作り(低学年) (画像 2) クリスマスカード作り(高学年) (画像 1)

BMCモジュール学習【継続】

Baika Morning Challenge(BMC)として、始業前、毎日10分程度の英語学習を民間企業のモジュール学習キットを活用し、実施しています。リスニングに加え、他の3技能についても継続した学習を行っています。
BMCスタート (画像 3) BMCスタート (画像 1)

外国人との英語活動【実践】

USJのエンターテイナー、関西外大の留学生などとのEnglish Dayの実施や、Skypeによる外国(トンガやマラウイなど)との交流授業を実施しており、今後はICTを活用し、子ども同士の交流により「グローバルな感覚」の素質の育成を図る予定です。

1.奈良公園突撃インタビュー

5・6年生 遠足 その3 (画像 2) 5・6年生 遠足 その4 (画像 3)

遠足で高学年(5,6年生)は奈良公園へ行きます。その奈良公園で、外国人へこれまで習ってきた英語を使って突撃インタビューをします。

2.English Day

イングリッシュディ! (画像 2) イングリッシュディ! (画像 1)

USJのパフォーマーの方々と交流をします。パフォーマンスを見せていただいたり、ゲームを楽しんだり、給食をいっしょに食べたりします。

3.国際交流授業

〇クイーンズランド州立プレンベール小学校と手紙やSkypeを通して交流をします。
国際交流 国際交流1
〇州立コアラ病院から出前授業を受けます。

4.英検ジュニア

毎年、英検ジュニアを全校児童が受験します。最高レベルのゴールド級に合格した児童は、今年度英検を受験します。