大阪市立梅香小学校

未来を切り拓く心豊かな子どもを育む
10月TOP 校章.png 10月玄関掲示
HP見出し

研究の概要

本校は、平成28年度から「学校教育ICT事業モデル校(A1)」に認定され研究を進めている。A1モデル校では、「新たな通信方法やLMS(学習管理システム)の運用について効果的な活用検証をする」ことを目的としている。具体的には、以下の2点を研究内容としている。

〇 ICT機器を活用した教育効果が明確化できる手法を用いた効果検証を行う。

〇 LTEタブレットPCの持ち帰り学習において、LTE回線を使用することで家庭学習が充実し学力向上に寄与するという仮説を検証し、LTEタブレットPCの教育的効果検証する。

梅香小学校の教育では、大きく3本の柱として「学力向上」「英語コミュニケーション力の育成」「ICT活用による教育改革」を挙げている。このそれぞれは、独立したものではなく、それぞれがリンクしているものと考えている。つまり、ICT活用は学力向上につながり、英語コミュニケーション力の育成にもつながっているということである。そこで、ICT活用についての柱を以下のようにした。

● 「SKYMENU Class」を使用した授業のICT化

● 「Skype for Business」を使用した遠隔交流活動

● ドリルパークを中心とした持ち帰り学習の検証

● プログラミング学習

● ICT活用による業務改革

本校のようにA1モデル校では、LTEタブレットPCが160台配備され、各普通教室の天井にはアクセスポイントを設置、運動場と体育館以外は校内のほぼどこにいてもWi-Fiがつながる環境が整えられた。そして、夏休みには新しい授業用パソコンと画像転送装置が配備された。 また、各教室にはプロジェクターと書画カメラが、平成25年度、校長経営戦略予算で配備されている。さらに、本年度の9月には全ての普通教室の黒板をホワイトボードに変更した。これによって、教室のICT環境がほぼ整った。

教室のようす

教室のICT機器はこんな感じ!

教室のICT機器はこんな感じ!

WiFi

各教室にWi-Fiのアクセスポイント!

授業用パソコン

授業用パソコンを拡大!

プリンタ

プリンターは、ロッカーの中に収納しました!

H29年度 研究授業案内

配布文書はありません。

H29年度 各学年の実践(研究授業)

配布文書はありません。

H29年度 各学年の実践

配布文書はありません。

H28年度 各学年の実践 (研究授業)

H28年度 各学年の実践 (日常の授業)