&school_name,

2020/02/28 12:51 更新

沿革

年/月/日 出来事
明治5 西大組第八区小学校創立(阿波堀裏町)
明治11→公立阿波堀小学校と改称
  西大組第十区小学校創立(広教寺境内)
明治12→公立広教小学校と改称
明治6 西大組第六区(永代橋東側)、七区(永代橋西側)、九区(阿波座下通2−17)に3小学校が創立
明治8→公立阿波座小学校に 明治11→公立安喜良小学校と改称
明治11 第六区、七区が合併し靱小学校と称する
明治17 阿波堀、安喜良の両校が合併し、明治小学校と称する
明治19 明治、靱、広教小学校ともに区立となる
明治20 明治、靱、広教小学校ともに尋常小学校と改称
明治26 明治、靱、広教小学校ともに大阪市立となる
大正3 創立30周年記念式を挙行
大正10 大阪市立明治尋常高等小学校と改称
昭和9 創立50周年記念式を挙行
昭和16 明治、靱、広教小学校ともに国民学校と改称
昭和19 戦争のため島根県下に学童集団疎開
昭和20 明治、靱、広教の三小学校ともに学校閉鎖
昭和32 明治、靱、広教の三校区が合併し大阪市立明治小学校として復興
5月16日に開校記念式挙行
昭和33 研究紀要「めいじ」第1号を発行
昭和35 全国図書館教育研究大会会場校として授業公開
昭和38 情緒障がい短期治療施設「児童院」内に分校設置
昭和39 校歌制定 全国算数教育研究大会会場校として授業公開
昭和42 復興10周年記念式を挙行
昭和43 文部省の研究指定校として社会科の研究発表
昭和45 現校舎落成(本館・北館)市道徳教育推進校として研究発表
昭和52 復興20周年記念式を挙行
昭和55 北校舎増築工事(1階ピロティー)
昭和57 旧校舎記念碑建立(NTT阿波座ビル南西角)
昭和58 教材用の読本「明治」を刊行  市教委研究学校(第2種)「子どものおかれ
ている条件をふまえた指導法の研究」発表
昭和60 南校舎落成(1階4教室、屋上プール)
昭和61 江之子島地区本田小学校へ校区変更
平成元 全校用放送機器を整備 市教育研究会の委嘱により国語の研究発表
平成3 児童院改築完成
平成4 明治小学校同窓会主催で復興35周年記念式挙行
教材用の読本「明治」を改訂刊行
平成5 養護学級開設 「いきいき活動」発足
平成6 「生涯学習ルーム」発足
平成9 復興40周年記念集会開催
平成10 大阪府学校給食研究協議会会場校として給食公開・研究発表
平成11 パソコン教室設置
平成12 全国算数教育研究大会会場校として授業公開 講堂新築 竣工記念式を挙行
教材用の読本「明治」を再改訂刊行
平成13 優良PTAとして文部科学大臣より表彰
大阪市教育委員会「個性が輝く学校づくり推進事業」 研究校園算数科研究発表
平成14 エレベーター完成
平成15 阿波座南公園のビオトープ作りに参加
平成19 「はぐくみネット」発足 復興50周年記念式挙行
教材用の読本「明治」3訂版刊行
平成23 北館耐震工事完了
平成24 教師力トップアシスト事業校内研修推進モデル校(25年度まで)
平成25 全国学校・園庭ビオトープコンクール2013  国土交通大臣賞受賞
平成26 体育館 天井改修工事