大阪市立泉尾北小学校

校長ご挨拶

はじめまして!
4月に赴任致しました校長の「小田村直昌」(おだむらなおまさ)でございます。
このような歴史と伝統のある学校にこられましたこと、大変有難く思っております。
4月より3か月が経ちましたが、本校の児童はとても素直で明るく、いい子が多いと思います。
唯、少し弾けるようなところもあるように思います。
そんなところから、今年度の学校教育目標を「ルールを守れてみんなと仲良くできる子を育てる」と致しました。
まず、ルールや規則を守ることの大切さをわかってもらいたいということと、誰とでも仲良くできる子に育ってもらいたいとの思いからであります。
さて教育はとても大事であります。もっと言いますと、私どもが生きていく中での中心的な事柄であると思います。
子供たちに立派に成長してもらいたい。立派な日本人になってもらいたい。その思いの中で初等教育はとても大切な教育で、人間形成の基幹を築くものでもあります。
昨今の社会情勢や厳しい世の中でしっかりと生き抜く力が求められています。
そのような中で以下三点に注力して参ります。

1・道徳教育の充実  心
2.健康で丈夫な身体の育成 体
3.学力向上 学

一般的には「知・徳・体」と言われておりますが、私は「心・体・学」と考えております。
即ち、「心豊かにし、その上で健康で丈夫な身体を育み、学力を高めていく」ということです。
道徳は昭和33年より学校教育として授業に取り込まれたわけですが、しっかりとした授業が今日までできていませんでした。
それで、今年度から「特別の教科道徳」として「教科」になったわけであります。
このような状況下、本校は大阪市でも学力は決して高くはありません。
しかし、子どもたちの素直さから絶対に諦めてはダメで、また将来に向かって「夢や目標」を追っていってもらいたいと思います。
私はそれこそが校長に求められるもので、校長のマネジメント、手腕であると思っております。
そして幸い、「泉尾北」地域は皆様、とても温かく素晴らしい方々がお住まいであると思います。
是非ご支援・ご協力を賜りたくお願い申し上げます。 精一杯頑張って参ります!
  校長 小田村直昌HP顔3.jpeg