H25年度・学校教育目標

未来をつくる子ども

敷津小・伝統的教育理念

じょうぶな からだ 豊かな心 考え やりぬく子

「未来をつくる敷津っ子」の行動目標


「し」:しんじよう 〜自分の力を信じる、可能性を信じる、仲間を信じる
「き」:きたえよう 〜考える力を鍛える、心を鍛える、体を鍛える
「つ」:つながそう 〜仲間とつながる、地域とつながる、世界とつながる

めざす学校像


1.小さな学校・大きな家族
 児童全員が自分の存在に自信を持てる、居場所と役割のある学校づくり

2.学び続ける大人と子ども
 「未来をつくる子ども」に負けないよう、教職員も地域の大人も学べる学校づくり

3.「未来の教育をつくるプロ集団」
  ベテランの技を伝え、新たな試みにチャレンジし、未来の教育に貢献する学校づくり


指導のポイント


1.複眼視点を備えたやわらかい「発想力」を持ち、創意工夫を楽しめる子どもにする。
2.互いの「ええとこ」を見つけて尊重する、苦手なことを助け合う仲間意識を持たせる。
3.自分の意見をまとめる「思考力」、他人の気持ちを考える「想像力」、意思を伝える「表現力」をつける。
4.集団・社会生活を送る上でのルールを理解し、守ろうとする「自己管理能力」をつける。
5.自分の体を知り、すすんで運動に取り組もうとする子どもを育てる。
6.家庭と協力して「自立学習」の習慣を身につけた上で、中学校に送り出す。