校長あいさつ

福小学校のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。福小学校の校長として2年目となりました渡邊弘彦(わたなべひろひこ)でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 本校は明治32年に創立し、明治・大正・昭和・平成と四つの時代を経て、令和元年に創立120周年の式典を行うことができました。これも歴代校長先生、歴代教職員、歴代PTAの皆様、地域の皆様、保護者の皆様の温かいご支援の賜物と深く感謝いたします。120年の歴史と伝統を大切に、主役である児童と保護者、地域の皆様とともに「信頼される・愛される学校」としてますます成長・発展させていきたいと考えています。
本校の教育目標は 『豊かなこころをもち、すすんで学ぶ子の育成』であり、めざすこども像として、次の3つを掲げております。
○認め合い、助け合う子
○自ら学び、正しく判断する子
○強いこころとからだにきたえる子
小規模校の特徴を生かした縦わり活動を核に据えた学校集団作りで、一人一人の子どもたちに安心できる居場所を作ること、学力の基礎・基本の徹底と自分の考えをしっかりと持ちその考えを相手に伝える力の育成、読書習慣の育成、ICTを活用した授業に重点をおいて、教職員一同力を合わせて、今年度の教育活動を進めてまいります。また、道徳教育、道徳科の指導を充実させ、未来をよりよく生きるために必要な児童の道徳性を高めてまいります。
今後も学校生活の一日の活動や取り組みをホームページや福小だよりに掲載しお知らせしてまいります。「初心」を忘れることなく、教職員一同、福小学校の児童のために全力で教育活動に取り組んでまいります。ご家庭及び地域の皆様のご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。

大阪市立福小学校長  渡邊 弘彦