大阪市立香簑小学校

大阪市立香簑小学校

2017/07/25 12:55 更新

校長あいさつ

か:過去から  み:未来へ  の:伸びゆく香簑小学校

 本校は、明治7年「西成郡第5区6番小学校(野里学校)」として創設されました。明治18年加島校と田簑小学校を統合し香簑小学校と改称され、平成29年度には創立143年を迎える歴史と伝統のある小学校です。
 本校の学校教育目標「明るく(健康で明るい子) 正しく(よく考えて行う子) 強く(なかよく助け合う子)」は、現在まで脈々と引き継がれ、本校教育の基盤となっています。
 さて、本校では年間計6回の土曜授業はもとより、年間を通じてさまざまな学校・学年の取り組みや行事を実施しております。 保護者の皆様も学校にお越しいただき、子どもたちが表情も豊かに、元気に頑張っている姿を、是非、ご覧いただけたらと思います。また、日々の子どもたちの様子や行事などはこのホームページから発信する予定です。 あわせてご覧ください。
 校庭には、季節ごとに様々な花が咲き、作物が実り、ウサギが元気にはねています。学校は子どもたちの憩いの場所となっています。 春には見事な桜の大木が子どもたちを見守ってくれています。 このような環境の下、香簑の地域に支えられた子どもたち一人ひとりが夢をもち、将来その夢を実現してくれること。また、将来の大阪をリードする人材が輩出できることを願っております。子どもたちが心豊かに、そして健やかに成長していけますよう教職員一丸となって指導してまいりますので、今後とも、本校の教育活動により一層のご理解とご協力をいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
                                                           校 長  尾 崎 士 郎