大阪市立大隅西小学校

2020/09/25 17:56:11 更新

校長あいさつ

 本校は、昭和55年に開校した比較的新しい学校です。しかしながら、そのルーツは、明治初期に創立された西成郡第4区三番小学校にあります。その後、乳牛牧小学校、大隅尋常小学校等と名前を変え、戦後は、大隅小学校と改称されました。その後、児童数の増加に伴い、大隅東小学校と分かれましたが、長年、現在の敷地に大隅小学校があった為、今でも昔を懐かしみ多くの卒業生の方々が来校されます。戦前の学校や地域の様子を描いた絵画なども卒業生の方から頂戴しました。このように、多くの人々に愛され続ける学び舎で、子どもたちは健やかに成長を続けています。

 これからの子どもは、大量生産・大量消費社会の時代のように、指示されたことを正確かつ効率的にやれるだけではいけません。一人ひとりが、個々の能力を最大限に伸ばし、「知識」だけでなくそれを活用する「知恵」を身に付けることが求められています。本校では、一人ひとりの力を最大限に引き出し、生きる「知恵」を身につけさせる為に、家庭や地域と常に連携を図りながら、教育活動を展開してまいります。

 

大阪市立大隅西小学校校長 北村 治彦