校長あいさつ

本校は1939年(昭和14年)に小路小学校、中川小学校より分離独立し大阪市立東中川尋常小学校として開校いたしました。「豊かな心をはぐくみ、自ら学び、すこやかな体づくりに励む子どもを育てる」を教育目標として日々の教育活動に取り組んでいます。

校区には特色ある商店街や町工場があり、学校の西側には平野川分水路が流れ南北9つの橋が私たちの生活を支えています。

平成30年に創立80周年の節目を迎え、今後も地域と協働して郷土を愛し大阪の将来を担う子どもの育成に努めますとともに、新しい時代の最先端の教育活動を展開し大阪市の教育をリードしていきたいと考えています。

(校長 山本 裕康)