校長あいさつ

校長挨拶

「いのち いちばん」
学校沿革史を紐解くと、明治7年に第1番学校として、今福村に創設され、明治25年改正教育令により今福尋常高等小学校と改め、明治31年7月校舎増築落成式挙行、これを以て、鯰江尋常高等小学校と改称されました。明治35年高等小学校独立により、鯰江尋常小学校と改称されました。明治40年現在の地に校舎設立、明治41年小学校令改正により修業年限6か年となり、大正7年に高等科を併置し、鯰江尋常高等小学校と改称、この歴史は鯰江小学校の歴史として引き継がれています。
本校は、昭和6年、鯰江尋常高等小学校の児童増加に伴い、鯰江第三尋常高等小学校として創立、昭和6年4月に開校されました。昭和13年10月15日に、鉄筋3階建校舎が完成し落成式を挙行、この日を創立記念日と定めました。昭和16年4月大阪市今福国民学校と改称、昭和22年4月大阪市立今福小学校と改称されました。
歴史と伝統を積み重ねて今日に至っています。

1.学校教育目標

  豊かな心をもち、地域社会でたくましく生きる子どもを育てる。

2.めざす子ども像
・自ら考え、判断し、表現する子ども。
・人の気持ちを考えて行動する子ども。
・健康や体力に関心をもち、たくましく生きようとする子ども。

3.学校経営の重点

自ら学び、心身ともにたくましく生きる子どもを育てる。

4.子どもに向けて、言い続けること
「いのち いちばん」  「にこにこ にばん」  「みっつ みんなで がんばろう」

5.めざす学校像
・子どもが「今福小学校でよかった」と言える学校に
・保護者が「今福小学校に通わせたい」と思う学校に
・地域が「今福小学校のためなら」と考える学校に

  6.学力向上に力点をおいた学校運営
・「月6タイム」……5年生が月曜日の6時間目に習熟度別に1クラスを4グループに分け学習
・「水5タイム」……4年生が水曜日の5時間目に習熟度別に1クラスを3グループに分け学習
・「今福漢字検定(学校独自)」……火曜日・金曜日の朝学習
・「朝読書」……水曜日の朝学習
・国語集会、読み聞かせ活動……児童集会活動の中で実施、木曜日
・読書月間キャンペーン……学校全体で「読書に親しむ楽しい時間づくり」の推進
・図書ボランティアの活動……地域女性部による、読み聞かせ、図書整理補修
・お掃除ボランティアの活動……地域女性部による、学習環境整備
・夕スぺ……「夕方スペシャル」区の支援を受けた高学年の放課後学習

こうした取り組みを継続、充実させ、「いのち いちばん」「にこにこ にばん」「みっつ みんなで がんばろう」を合言葉に、子どもの明るい声が響き、笑顔あふれる学校をめざして、地域と共に歩み、規律ある活力にあふれた教育活動を進めています。

  平成30年4月 大阪市立今福小学校 校長 寛座 純一