004013

校長あいさつ

ごあいさつ
本校は大正4年、中本第三尋常小学校として創立され、いくつかの苦しい時代を乗り越え、
多くの卒業された方々に今日まで輝かしい歴史を築いていただき、地域の学校として愛され親しまれてまいりました。
昭和33年に東中浜小学校が、昭和54年には森之宮小学校がそれぞれ分離独立し、今日の中浜小学校となりました。
そしておかげをもちまして平成27年には、創立100周年記念事業を実施することができました。
本年は創立107年目を迎える歴史と伝統に培われた学校です。 かつては2,400名を超える児童が在籍していたときもありましたが、令和4年4月1日現在の本校在籍児童は182名になりました。 校訓 「たくましい子」のもと、
学校教育目標を
〇 よく考え 自ら学ぶ子どもの育成
〇 心豊かな やさしい子どもの育成
〇 健やかで たくましい子どもの育成
とし、「体験」と「仲間づくり」を通じて、自己肯定感・自己効力感を高めるとともに相互理解を深め、
主体的に考える態度と新しい時代を生きる力の育成をめざした教育活動を推進したいと考えております。
またPTAや地域の皆さま方の温かいご支援もいただきながら一歩ずつ前進してまいります。
今後とも本校教育に一層のご理解・ご協力を賜りますようお願い申しあげます。
一昨年より新型コロナウィルス感染症の拡大予防のため、様々な制限や工夫が必要になっています。
「コロナに負けない」心と体を培うことができますよう、どうぞご支援・ご協力をお願い申しあげます。

令和4年4月  大阪市立中浜小学校校長  大石 浩之