大阪市立阿倍野小学校

2021/04/09 18:33 更新

校長あいさつ

 阿倍野小学校は、大正12年(1923年)に大阪府東成郡天王寺第六尋常小学校として開校しました。令和2年度に創立98年目を迎える、歴史と伝統のある学校です。庚申街道が南北に通り、北畠公園などのポイントがあり、古くから多くの人々が行き交ってきた阿倍野のまち。3世代にわたって本校卒業生という方も多く、子どもたちは、地域の方々に温かく見守られながら、学校生活を送っています。校章は、北畠家の紋章である「笹りんどう」をモデルにして作られました。

kouka.png

 メタセコイアの樹、様々な果樹、滝のあるビオトープなど、校庭には豊かな自然環境が備えられており、教職員一丸となって、日々、教育活動に取り組んでいます。平成24年12月から「学校教育ICT活用事業モデル校」、平成27年12月からは「学校教育ICT活用事業先進的モデル校」、平成31年4月からは「学校教育ICT活用事業拠点校」として、ICTなど先進的な教育環境を整えながら、授業実践を中心にICTの有効な活用についての研究をすすめ、全市にその成果を発信しています。  地域・保護者の方々に支えていただきながら、「強いからだとゆたかな心 よく考えてやりとげる」子どもの育成をめざし、教職員一同、教育実践を推進してまいります。ご支援ご協力をよろしくお願い申しあげます。

阿倍野小学校長 佐藤 英明