平林小学校のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
 平林小学校の校長として5年目を迎えました古山 清でございます。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 本校は、昭和45年4月1日、住之江小学校の分校として開校し、その翌年、昭和46年4月1日、大阪市立平林小学校として独立、児童数368人、10学級をもって発足しました。  その後、平林地区の発展とともに年を重ね、開校以来、本校教育の充実・発展に、ひたすら厚い情熱を傾注されてこられた地域の皆様方をはじめ、PTAの方々、歴代の校長先生、教職員の方々、卒業生のご努力の上に立った平林小学校は、温かいご支援、ご協力により、平成22年6月13日に創立40周年を迎えました。 そして、本年、令和2年(2020年)6月13日にいよいよ創立50周年を迎え、11月21日(土)に記念式典・祝賀会を開催する運びとなりました。
 平林小学校は、とても広い校区をもつ学校で、奈良県からくる大和川が大阪湾へ流れ出る河口にあります。海の向こうは瀬戸内海や太平洋に世界が開けています。古代から東アジアの人やもの、技術、文化が大阪湾からどこよりもはやく入ってきました。校舎の窓からは水面にきらめく日の光、ゆきかう大型船、海のかなたに沈む夕陽が美しくみえます。  校舎の外壁補修・塗り替え、プールの新設などの工事や校内LANや教室廊下の塗装などの環境改善が計画的に進められ、ますます学習環境が充実してまいりました。このような環境のもと、児童は学習をはじめ、児童会活動、各行事等に明るく元気に取り組んでいます。

 本校の学校教育目標は、「やる気のある子、やりとおす子、たすけあう子」の育成です。
 また、思いやる心の育成を目的に1年生から6年生で構成されている「たてわり班活動」を通して異学年交流を実践しています。

 教職員一同、平林小学校の子ども達のために全力で教育活動に取り組んでまいります。
 どうぞ、よろしくお願いします。

大阪市立平林小学校長  古山  清

校長あいさつ