非常変災時等の臨時休校措置について

≪臨時休校になる場合≫ ※ どれか一つでも当てはまれば、臨時休校になります。

1.午前7時の時点で、大阪市において、「暴風警報」もしくは「暴風雪警報」または「特別警報」が発表された場合。
2.午前7時の時点で、東住吉区のいずれかの地域において河川氾濫の避難準備、高齢者等避難開始、避難勧告または避難指示発令があった場合。
3.午前7時の時点で、大阪市内のいずれかの地域において、震度5弱以上の地震が発生した場合(気象庁発表)。また、これらの影響によりJR大阪環状線および大阪メトロの双方が全面運休している場合も同様です。

◆以下の点にご留意ください◆

◇午前7時以降に、上記の1・2・3が解消されても、その日一日は「臨時休校」となります。
◇「大雨警報」や「洪水警報」などの場合は臨時休校にはなりません。また、各注意報の場合も臨時休校にはなりません。ただし、安全に十分留意して登校させてください。
◇登校後に上記の1・2・3が発生した場合は、校時変更を行って児童を一斉下校させたり、保護者の方に学校まで迎えに来ていただいたりすることがあります。ただし、児童の自宅周辺や通学路の安全の確認ができない場合には、安全が確認されるまで児童を下校させずに、学校において必要な措置を講じつつ待機させます。
◇上記のような事態で臨時休校になった場合は、いきいき活動はありません。