校長あいさつ

−「学びがい・働きがい・応援しがい」のある学校に−

本校は、「力強く生きぬく力をはぐくむ教育活動を推進する」を学校経営の 重点とし、めざす子ども像を「自ら学び、自ら考える子」「ちがいを認め合い 、支えあう子」「ねばり強く、最後までやりぬく子」「いのちを大切にし、た くましく生きる子」として教育活動を推進しております。

育和小学校を子どもたち一人一人が昨日より今日、今日より明日と、よりよく成長を遂げるために、
1 子どもにとって《学びがいのある学校》に
 学校は子どもたちの健全育成のために存在しています。子ども自身がかけがえのない存在であることを自覚し、自尊感情や他者への思いやりをはぐくみながら、明日への夢が実を結ぶよう日々、磨き合う「学びがいのある学校」となるよう努力します。
2 教職員にとって《働きがいのある学校》に
 子どもにとって「学びがいのある学校」にするためには、教職員一人一人が教育のプロとしての責任と自覚をもち、自らも教師として、職員としてよりよく職務を果たそうとする姿勢が大変重要であると考えます。それぞれの立場、職責において「昨日よりも今日、よりよく仕事(授業)ができた」と職業人としての自己の成長を感じつつ、充実感を味わい、育和小の一員であることが誇れるような「働きがいのある学校」を目指します。
3 地域にとって《応援しがいのある学校》に
 本校は、地域の宝である子供たちの成長に責任をもっています。一人一人の人権尊重と社会貢献の精神をはぐくみ、基礎的・基本的な学力の向上を図って、その個性と想像力を伸ばし、広く国際社会でたくましく生きる力を身につけさせることは、私たち教職員の責務です。 保護者や地域の皆様の力をお借りし、多くの大人の力を組織的に結集して、子どもたち一人一人を温かく見守り育てていく学校づくりを推進していきます。  子ども一人一人の成長を喜び合える学校・保護者・地域の関係を広げ、「チーム育和」として深めていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

校長 植 村   仁