インフルエンザなどの学校感染症による出席停止の取り扱いについて

生徒がインフルエンザ等の感染症にかかった場合、学校保健安全法により出席停止措置をとることになっています。医師の証明が必要となりますので医療機関で「学校感染症証明書」に必要事項を記入してもらい、学校へ提出してください。なお、提出は登校できるようになってからで結構です。
※インフルエンザの出席停止期間は、『発症した後、5日間を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで』とされています。登校の再開をされる場合は必ず医師の指示に従い、学校に連絡をしてください。
「学校感染症証明書」はこちらからダウンロードし、印刷してください。家庭で印刷できない場合は学校に登校してから用紙を受取り、医療機関で記入してもらってください。
「学校感染症証明書」
※提出にあたっての注意
●学年組、名前欄は生徒または保護者がボールペン等(鉛筆は不可)で記入してください。
●証明書に記入された出席停止期間以外は欠席扱いとなりますので注意してください。

台風等による臨時休業の対応について

「暴風警報」もしくは「特別警報」による臨時休業の措置についてはこちらをクリックしてください。