環境科学系列ロゴ

DSC_7567.JPG

環境エキスパートとしての理系進学

地球環境や生活環境など「環境」のエキスパートになるための科学的思考力を身につけ、理系進学をめざします。 また、単なる理系コースではなく、資格取得をはじめ、文章作成力やプレゼンテーション力にも重点をおいた独自のカリキュラムで3年間学びます。 進路先は、理学系、工学系、環境系の四年制大学、教育関係の大学、看護・保健学系の大学、専門学校への進学が主です。
環境1.JPG

ここが自慢1:資格ロードマップ

実験や実習を通じて地球環境問題の理解度を深めます。また、生活環境や社会環境の問題についても取り組みます。 ECO検定の取得を目指す「環境科学?」。教科書だけでなく、危険物取扱者試験のテキストも使って化学を包括的に理解する「化学」および「環境科学?」。更に化学の応用分野を学び難関資格の毒物劇物取扱者試験に挑戦する「総合研究(環境)」。 他校にはないオリジナリティー満載の授業を味わってみませんか?
IMG_9880.JPG

ここが自慢2:反復カリキュラム

1、2年生に学習した内容を3年生で復習し、大学受験に必要な応用力を磨く「受験シリーズ」があります。 しっかり復習し理解度を深め受験に必要な応用力を養成します。
IMG_7580.JPG

ここが自慢3:スーパー講師による特別講義

「環境経済学」、「おいしい水ができるまで」、「絶滅危惧種と野鳥」、そして「昆虫と環境心理学」など『環境』にまつわる講義を有識者から受講します。講義を聴きながらレポートを作成するスクーリング形式をとっており、知識吸収だけでなく、レポート作成力も習得できます。

このような授業を行っています


環境科学I
基礎的な理科の内容を補うとともに、地球環境問題の取り組みについて学習します。本校では開講していない地学分野(気象・天文・地球等)についても学習します。

介護福祉基礎
高齢者介護に関する知識を学びます。体験を多く取り入れて、介護の知識を体験的に学習します。

環境科学系列のおもな進学先(過去3年間)

鳥取環境大学 近畿大学 摂南大学 大阪産業大学 梅花女子大学
大手前大学 大阪工業大学 大阪電気通信大学 大阪信愛女学院短期大学 大阪成蹊短期大学
白鳳女子短期大学 済生会中津看護専門学校 済生会野江看護専門学校 関西医療学園専門学校 森ノ宮医療学園専門学校

看護・医療系への道

H24年に環境科学系列を卒業し、大阪信愛女学院短期大学、看護学部に通っている斎藤菜摘さんにお話しを聞いてみました。

私は扇町総合高校で環境科学系列に所属し、理数系の科目の授業を多くとりました。大学では、「理数系へ進学したんだから数学、理科全般は知ってて当たり前だよね」と解釈され授業を進めます。でも環境科学系列では生物、化学、数学と広く深く学んでいたので普通科の高校から進学してきた友達とも同じように学習できます。 また、この系列では看護や福祉の授業もとりました。看護の技術であるベッドメーキングやバイタルサインなどといったことも、この扇町総合で浅くではありますが学んでいたので大学の『看護技術』を教えてくださる先生方に「そんな事も高校で学べるの!?」と驚かれています。 看護の勉強や授業は人体の構造やすべての骨、筋肉、ホルモンの分泌、看護技術、コミュニケーションなどといったものをすべて憶えなければならなく、決して「楽」とは言えませんが、「ひとを助けたい、患者を助けたい」という強い気持ちと「学びたい」という勉学への心構えを持っていればすべての授業が楽しくなります。私自身、看護師という夢に向かって毎日充実した生活を送ることができています。

毒物劇物取扱責任者試験 、合格!

7月に行われた「毒物劇物取扱責任者試験(一般)」に本校環境科学系列の4人が合格しました。受験勉強のかたわら、高校生では取得が難しいといわれる試験に挑戦し、見事快挙をはたし、大阪日日新聞に掲載されました。 環境科学系列では2年の前期から、全員がECO(エコ)検定と危険物取扱者試験に取り組んでいます。毒物劇物取扱責任者試験の受験はその総仕上げで合格実績は今回を含め、この5年で16人になりました。4人は環境科学系列による直前1ヶ月間の模試解説や法令授業で試験対策に臨みました。4人の中には中学生のとき、新聞記事で本校生徒の資格取得を知り、入学を決意した人もおり今回の合格で今度はその魅力を中学生たちに伝える立場になりました。

JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2013 『学校賞』受賞!!

今年は「これからの日本、これからの世界 −私たちができること−」。 このテーマに環境科学系列の2年生全員と「環境科学」受講者(3年生)が挑戦し、見事、3年連続4回目となる『学校賞』をいただきました。 「環境科学」でのスクーリングで学んだノウハウ、そして、「環境科学」での文章作成力が評価されました。 大学入試、そして、社会で必要な「文章作成力」を系列の授業で、しっかり磨いていきます。