1 英語科の目標

国際的な視野を持って論理的に思考し、行動できる人材を育成する。


1 英語を理解し、英語で表現する能力を養うことによって、国際理解を深め、国際協力の精神に富んだ人間を育成する。
2 英語で積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育てることによって、国際的な視野を広げ、公正な判断力をもった人間を育成する。
3 世界や我が国の言語・文化に対する理解を深め、これらを尊重する態度を育てるとともに豊かな心情を持った人間を育成する。


2 英語科の特色


1 専門科目の英語では、学習効果を高めるために少人数制を取り入れている。
2 3年次には進路希望に応じて、5教科型のAコースと文系3教科型のBコースを選択することができる。
3 英語LL設備があり、無線LANでインターネットに接続できる環境が整っている。
4 オーストラリア・ニュージーランドの姉妹校と交換留学ができる。(姉妹校から日本への留学希望がある場合)
5 実用英語検定など、各種検定の受検やスピーチコンテストへの参加を積極的にすすめている。
6 英語の運用能力を効果的に身につけさせるため、1クラスを2〜4分割し、異文化理解、ディベート・ディスカッション、時事英語などの科目でティームティーチングによる少人数制の授業を行っている。
7 C−NET(外国人英語指導員)が毎日3名から4名常駐し、校内ではいつでも英語を話せる環境がある。


3 英語科の行事


1 英語実習
 8月下旬に京都で、1年英語科の生徒40名が2泊3日の合宿を行っている。実習中、生徒は英語を使って学習活動や日常生活を体験する。学習活動では10名ずつ4つの班に分かれ、それぞれにC−NET1人、日本人教員1人がつき、生徒をサポートしながらプログラムを進めていく。 バラエティーに富んだアクティビティーを通して、英語学習に対する興味や意欲を高める。合宿後には、生徒の誰もが、英語力が少しずつ向上していることを実感する。さらにこの合宿を通してクラスの親睦も深まる。
  Journal Writing  外国人観光客インタビュー  コマーシャルコンテスト
2 文化・語学研修
 福島県岩瀬郡天栄村にある「パスポートのいらない英国」と呼ばれているブリティッシュ・ヒルズで、3泊4日の文化・語学研修を実施している。そこには、中世イギリスのマナーハウス(荘園領主の館)を中心に、12〜18世紀の建物が点在しており、イギリスで生活するような体験をすることができる。また、室内がハリーポッターの学生寮にも似ており、生徒たちをわくわくさせる。その中で、外国人講師による様々な英語カルチャーレッスンを受ける。Snowshoeingなどの、普段体験することのできないアクティビティーも準備されており、本当に有意義な研修である。
  Snowshoeing Sherlock Holms Mystery Challenge Critical Thinking講座 Amazing Adventure Music講座 修了式 テーブルマナー講座 クラスレクリエーション 
3 集中ゼミ
 2年次・3年次には、設定されたテーマに基づいて、4、5人のグループに分かれて調査研究をし、まとめたアイデアや考えを、パワーポイントなどの資料を用いて英語でプレゼンテーションする。また、テーマに関連した知識を深めるために、特別講師による講演会を実施するとともに、効果的なプレゼンテーションの手法についても学習する。
  2年生集中ゼミ  3年生集中ゼミ 
4 英語科講演会(1年・2年)
 英語教育や外国事情に詳しい各界の専門家を招いて講演していただき、グローバルな視点での、物事の見方や考え方について学んだり、知識を深めたりする。 
  英語科講演会 
5 芸術鑑賞
 文化交流をするには、「先ず自国の文化を知る」ことが必要である。日本の文化に対する生徒の知識や理解を一層深める目的で、歌舞伎鑑賞、能楽鑑賞、文楽鑑賞などを行っている。