1 英語科の目標

国際的な視野を持って論理的に思考し、行動できる人材を育成する。


1 英語を理解し、英語で表現する能力を養うことによって、国際理解を深め、国際協力の精神に富んだ人間を育成する。
2 英語で積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育てることによって、国際的な視野を広げ、公正な判断力をもった人間を育成する。
3 世界や我が国の言語・文化に対する理解を深め、これらを尊重する態度を育てるとともに豊かな心情を持った人間を育成する。


2 英語科の特色


1 専門科目の英語では、学習効果を高めるために少人数制を取り入れている。
2 3年次には進路希望に応じて、5教科型のAコースと文系3教科型のBコースを選択することができる。
3 英語LL設備があり、無線LANでインターネットに接続できる環境が整っている。
4 オーストラリア・ニュージーランドの姉妹校と交換留学ができる。(姉妹校から日本への留学希望がある場合)
5 実用英語検定など、各種検定の受検やスピーチコンテストへの参加を積極的にすすめている。
6 英語の運用能力を効果的に身につけさせるため、1クラスを2〜4分割し、異文化理解、ディベート・ディスカッション、時事英語などの科目でティームティーチングによる少人数制の授業を行っている。
7 C−NET(外国人英語指導員)が毎日3名から4名常駐し、校内ではいつでも英語を話せる環境がある。


3 英語科の行事

1 英語実習

8月下旬に京都で、1年英語科の生徒40名が2泊3日の合宿を行っている。実習中、生徒は英語を使って学習活動や日常生活を体験する。学習活動では10名ずつ4つの班に分かれ、それぞれにC−NET1人、日本人教員1人がつき、生徒をサポートしながらプログラムを進めていく。 バラエティーに富んだアクティビティーを通して、英語学習に対する興味や意欲を高める。合宿後には、生徒の誰もが、英語力が少しずつ向上していることを実感する。さらにこの合宿を通してクラスの親睦も深まる。
  Journal Writing  外国人観光客インタビュー  コマーシャルコンテスト

2 文化・語学研修

福島県岩瀬郡天栄村にある「パスポートのいらない英国」と呼ばれているブリティッシュ・ヒルズで、3泊4日の文化・語学研修を実施している。そこには、中世イギリスのマナーハウス(荘園領主の館)を中心に、12〜18世紀の建物が点在しており、イギリスで生活するような体験をすることができる。また、室内がハリーポッターの学生寮にも似ており、生徒たちをわくわくさせる。その中で、外国人講師による様々な英語カルチャーレッスンを受ける。Snowshoeingなどの、普段体験することのできないアクティビティーも準備されており、本当に有意義な研修である。
  Snowshoeing Sherlock Holms Mystery Challenge Critical Thinking講座 Amazing Adventure Music講座 修了式 テーブルマナー講座 クラスレクリエーション 

3 集中ゼミ

2年次・3年次には、設定されたテーマに基づいて、4、5人のグループに分かれて調査研究をし、まとめたアイデアや考えを、パワーポイントなどの資料を用いて英語でプレゼンテーションする。また、テーマに関連した知識を深めるために、特別講師による講演会を実施するとともに、効果的なプレゼンテーションの手法についても学習する。
  2年生集中ゼミ  3年生集中ゼミ 

2019年度の取組

◆2年生
テーマ:私たちが取り組むSDGs
目 的:
 2018年度より国内外でのSDGsに対する取組について探究活動を行ってきた。そのなかで、国際社会の一員として、自分たちができるSDGsについて考え、実行してきた。この取組を通して、社会に目を向け、自分たちも社会の一員であり、自分たちも社会に貢献することができる、という自信と自覚を促すことを目的としている。また、自分たちの体験を英語でプレゼンテーションすることにより、人に伝えることの大切さを知り、そのスキルを向上させることも目的としている。

取組その1

6月24日に都島区花づくり広場(毛馬桜之宮公園)で『種から育てる地域の花づくり運動(種花運動)』に参加し、種まき・水やり・清掃をおこないました。ここで育った花は保育園に送ったり、駐車禁止のスペースに植えることで無断駐車を防ぐ事などに使われます。私たち高校生が参加することでボランティアの方の負担を減らすことができ、多くの人にSDGsについて知ってもらうことができると考えています。
SDGs 種花運動に参加種花運動 2

取組その2

7月20日に「能勢町の銀寄クリ園の復活を目指して」に参加し、草刈りと栗の苗木を守るためのネット張りを行いました。これは高齢化や担い手不足で栗山のの手入れが行き届かない環境を改善するだけでなく、そこに生息する希少種のシジミチョウなどあらゆる生物を保全することにもなります。
ネット張り

取組その3

8月31日に東大津フェニックスで行われた参加型の社会を実現するため、環境問題をテーマにした「ごみゼロナビゲーションin RUSH BALL 2019」に参加し、来場者へごみ・資源の分別ナビゲートや、資源再分別キャンペーンを行いました。この活動で回収された紙コップなどは、トイレットペーパーにリサイクルされます。
Rush Ball 2019 その1Rush Ball 2019 その2

取組その4

【しあわせごはん】
私たちは家庭で余っている食べ物を子ども食堂や福祉施設に寄付するフードドライブという活動をしています。 9月14日の文化祭では餅・缶詰・パスタ・レトルト食品などの保存食が7.5kg集まりました。 3月まで継続するつもりですので引き続きよろしくお願いします。

取組その5

9月14日の文化祭で、リボン運動と募金活動を行いました。募金総額は10,712円です。募金は、WWFジャパン、公益社団法人青少年健康センター、NPO法人ReBitに寄付して、アマゾン・インドネシアにおける森林保全、ひきこもり支援、自殺防止支援の活動、全ての子供がありのままの自分を肯定して大人になれる社会を実現するための活動に使用される予定です。
SDGs 募金活動リボン運動リボン運動SDGs リボンと説明

取組その6

9月14日の文化祭で、H&Mの衣類回収プログラムの為に、古着回収を行いました。 服85着と布174枚を回収することができました。これらの衣類は、H&M店舗へ持っていき、古着として世界の市場で販売されるか、清掃用品などの別の製品に作りかえられるか、織物製品として使用される予定です。
衣類回収プログラム 1衣類回収プログラム 2衣類回収プログラム 3衣類回収プログラム 4衣類回収プログラム 5

4 英語科講演会

2年次・3年次には、設定されたテーマに基づいて、4、5人のグループに分かれて調査研究をし、まとめたアイデアや考えを、パワーポイントなどの資料を用いて英語でプレゼンテーションする。また、テーマに関連した知識を深めるために、特別講師による講演会を実施するとともに、効果的なプレゼンテーションの手法についても学習する。
 
  英語科講演会 

5 芸術鑑賞

文化交流をするには、「先ず自国の文化を知る」ことが必要である。日本の文化に対する生徒の知識や理解を一層深める目的で、歌舞伎鑑賞、能楽鑑賞、文楽鑑賞などを行っている。