1 理数科の目標

科学技術の基礎知識を身につけて将来の科学者・技術者をめざす人材を育成する。


 自然科学や数学の基本理念、原理・法則などについて、基礎から系統的に学習することにより、論理性・柔軟性を養い、さらに科学思考力や独創性を高め、研究する態度を身に つける。卒業後は理学部・工学部・医療系学部・薬学部・農学部などの大学へ進学して、各方面で活躍できる人材を育成することを狙いとしている。数学においては全分野を基礎 から系統的に深く学習し、より専門的な知識を身につける。また、自分の論理を他者に分かりやすく説明する表現力を養う。理科においては4分野(物理・化学・生物・地学)を 系統的に学習し、実験・実習もより多く取り入れて行う。


2 理数科の特色


1 理科について、4分野(物化生地)すべてにおいて実験室・講義室をもち、恵まれた環境を活かし、実験・実習を多く取り入れた授業を行う。 少人数制および科目選択 で学習を深める。
2 数学について、20人の少人数制で授業をし、視聴覚機器が利用できる専用教室で行う。また、90分の考査時間や、徹底した添削指導により論理力と表現力を鍛える。
3 宿泊野外実習・探究基礎・先端科学研修・集中ゼミ、課題研究など、体験型の実習を重視し「国際的な科学技術系人材の育成」をめざす。
4 3年次には希望進路に応じて、理系科目の多いAコースと文系科目の多いBコースを選択することができる。
5 外部への成果発表や科学系コンテストへ積極的に参加し、科学への興味・関心を喚起させる


3 理数科の行事


1 宿泊野外実習
 1年次の7月に、自然環境に恵まれた岡山県瀬戸内市にある牛窓において2泊3日の日程で実施している。理数科1期生の頃から行われているウニの発生実習をはじめとした、専門性ある多様な実習により、実物に触れる体験と研究者との対話を通じ、自然科学的な思考力と粘り強い探求心を養う。
  野外実習(ウニ発生、地質の実習)  野外実習(地質の実習、魚の解剖)  野外実習(魚の解剖、ウニ発生)  野外実習(ウミホタル)
2 先端科学研修
 2年次の10月に3泊4日の日程で実施している。東京大学(H30)や茨城県つくば市のつくば研究学園施設を見学し、研究者に直接質問をし、最先端の研究や技術を肌で感じることにより、学校では得ることのできない体験をする。生徒の興味関心に応じた班別で、数ヶ所の研究施設を訪問をする。
 先端科学研修(JAXA) 先端科学研修(研究施設訪問1) 先端科学研修(研究施設訪問2) 先端科学研修(東京理科大学講演・施設見学) 先端科学研修(東京大学講演・施設見学) 
  3 理数科科学講演会
 最先端科学技術研究の様々な実状を学ぶことにより、将来進むべき方向を模索することを目的としている。講師は大学や研究者に依頼している。
4 理数科レクチャー
 平成7年度から大阪市立大学理学部の教授による本校理数科生徒に対する特別講座として開講された。現在では大阪市立大学工学部の他、大阪大学医学部など、他学科、 他大学からも講師をお迎えし、幅広い分野の講演を開催している。
  レクチャー進路編  レクチャー理学編(生物) レクチャー理学編(化学) レクチャー医学編
5 理数科集中ゼミ
 2年次に、数日間をかけて実施している。このゼミは物理・化学・数学を中心として、高校の履修範囲を超えたより専門性の高い内容を学び、自然科学への一層の 興味・関心を持たせることを目的としている。
  理数科集中ゼミ
6 課題研究
 2年次の「課題研究」では、少人数のグループに分かれ、物理、化学、生物、地学、数学の分野で、興味・関心のある内容を探究している。1月には、研究発表会を実施する。また、大阪サイエンスデイやSSH全国大会へ参加することにより、他校生と科学を通じて活発な情報交換を行い、研究内容を深化させる。
  課題研究中間発表会 課題研究発表会 大阪サイエンスデイ
7 探究基礎
 以前行われていた、「SS科学基礎」のH26年度より行われている「川と水辺の科学」の実習の流れを発展させ、1年次の8月に、物理・数学・化学・生物・地学の5班に分かれ、様々な観察、実験を行ない、結果をまとめて発表する。自然科学的な思考力を養うだけでなく、プレゼンテーション能力の向上も図る。
  探究基礎