大阪市立都島工業高等学校

2019/06/24 17:50 更新
C科TOPメニューアイコン
TOPC バナー 都市工学科について

都市工学科ページへようこそ!

都市生活に必要なもの…

 それは、物流や人の移動に必要な橋梁、道路網、鉄道網。生活に不可欠な上下水道。心安らぐ緑豊かな公園。災害から街を守る堤防やダム。これらはすべて、都市工学の技術で作られています。
 
 都市工学科では、環境にも配慮した「まちづくり、ものづくり」を実現するために必要なことを学びます。卒業後、公務員や民間企業の技術者として社会のさまざまな分野で活躍し、「地図に残る仕事」をしています。

平成31年度都市工学科パンフレットはこちら
平成31年度都市工学科教育課程表はこちら⇒(準備中)

都市工学科の学習コース

都市工学科では、毎年ほぼ100%の生徒が新たな夢に向かって、進学・就職を果たしています。

 そのステップとして、卒業後すぐに仕事に就くのか、大学へ進学するのか、高等専門学校へ編入するのか、自分自身の進路目標を決めてコースを選択します。
C科 都市工学科について6

都市工学科卒業生の進路

就職は、この厳しい経済情勢の中、就職難といわれる時代においても、東証一部上場の有名大手企業をはじめ、高校生の採用が非常に困難な国家公務員、地方公務員も高い合格率で採用されています。都市工学科では、公務員試験に備え専門の外部講師による公務員対策特別講座を実施するほか、面接、書類作成対策などを実施し、現役で合格できるように学習環境を整えています。また、民間企業就職においても、面接、書類作成対策を徹底的に実施することで、希望企業への就職を果たしています。

 進学は、国公立大学をはじめ、私立大学や、全国の高等専門学校編入などに合格しています。また、高専編入を経て、より高いレベルの大学を目指す卒業生も沢山います。

>>>進路状況へ

ライセンス取得(資格取得)

在学中に専門的な資格を取得できるのも工業高校ならではといえるでしょう。

 資格取得は自分のスキルを高めるだけでなく、就職や進学においても有利になるので、生徒たちは果敢にチャレンジしています。
 都市工学科では主に国家資格である測量士補と2級土木施工管理(学科)の資格取得に力を入れており、全国的に見てもトップクラスの高い合格率を維持しています。
>>>資格取得へ

08696