大阪市立都島工業高等学校

2018/06/25 14:30 更新
注意事項をよく読んでください。

卒業生等への各種証明書の発行について

卒業(転退学)後に各種証明書が必要になった場合の手続きについて、以下をよくお読みになって申請してください。(様式は該当項目にあります。)

1.発行までに要する期間

証明書の提出期限等を確認していただき、余裕をもって早目に申請を行ってください。
(郵送による申請・受領を希望される場合は、郵送にかかる日数を考慮してください。)

発行期間について改
*卒業証明書の英訳文はその他の証明書に含まれます。⇒事前に電話で学校にご相談ください。
調査書について

2.注意点

1.学校教育法施行による保存期間の関係で、下記の年限を経過した証明書は発行できません。
年限
 年限を経過している場合、各証明書が発行できない旨の「不発行証明」は発行可能です。必要数を申請してください。
【注】電気科および電気電子工学科卒業の方で、第三種電気主任技術者の資格取得に必要な方のみ、卒業後20年を超えても単位取得証明書の発行が可能です。

*資格によって単位取得証明書の必要様式が異なるので、<資格取得>の場合、必ず資格名を記載してください。
 特に第三種電気主任技術者二級建築士は間違いないようにお願いします。

2.申請書に不備がある場合や、郵送によるお申込みの際に必要書類が同封されてない場合は証明書の発行までに日数を要することがありますので、余裕をもって申し込んでください。

*不備が解消できない場合は証明書の発行ができません。郵送の場合、返信用封筒にてその旨連絡させていただきます。
連絡先TEL」の記載もれがないようにお願いします。

3.申請方法

(1)学校事務室窓口で申請する場合
以下をご確認いただき、必要書類を受付時間中に本館正面玄関右、事務室までお持ちください。

【受付時間】
平日午前9時から午後4時まで ※土・日・祝日・年末年始休業日(12月29日〜1月3日)は受け付けていません。
※学校行事のため、振替休日となる場合がありますので来校前にご確認ください。

【持参いただくもの】
ア) 各種証明書交付請求書(リンクから印刷してください)

イ) 本人確認書類(運転免許証、保険証等)
 証明書はプライバシーに関わる重要な書類ですので、ご本人の確認をさせていただきます。
 英文の証明書をご希望の場合はパスポートのローマ字表記が確認できるものをお持ちください。

≪代理人による申請の場合≫
本人が窓口で申請できない場合、代理人による申請も可能です。次のものをご用意ください。

ウ) 委任状(リンクから印刷してください)
本人が署名、捺印したものを提出してください。

エ) 代理人の本人確認書類(運転免許証、保険証等)
窓口でご提示ください。証明を受ける者の確認書類(写し可)の提示もお願いします。


(2)郵送による申請の場合
次のア〜ウを郵送してください。郵送に要する日数も考慮の上、余裕をもって申請してください。

ア) 各種証明書交付請求書
リンクから印刷の上、必要事項を記入してください。

イ) 本人確認書類
申請者本人を確認する書類(運転免許証、健康保険証等)の写しを送付してください。
※英文の証明書をご希望の場合はパスポートの写し。
交付書類発送時返却させていただきます。

ウ)返信用封筒
封筒に返信先の住所・名前を記入し、必要な切手を貼付したものを送付してください。

参考.png

4.問い合わせおよび郵送による申請時の送付先

問い合わせ先.png
※土・日・祝日・年末年始休業日(12月29日〜1月3日)は対応しておりません。

5.その他

【卒業時の学校名】
 大阪市立都島工業高等学校(昭和23年〜現在)
 市立大阪工業学校(明治40年〜大正9年)
 大阪市立工業学校(大正9年〜大正15年)
 大阪市立都島工業学校(大正15年〜昭和23年)
 大阪市立酉島工業学校(昭和22年4月以前)

【郵送申請時のチェックリスト】
送付する書類
  ・記入済みの交付請求書
  ・本人確認書類の写し
  ・切手を貼付した返信用封筒
送付する前に確認する事項
  ・必要事項の記入もれはありませんか
  ・返信用の封筒の大きさはよろしいですか
  ・返信用の封筒に宛先を記入しましたか
  ・返信用の封筒に貼付した切手の金額に不足はありませんか

*平成27年12月末までに請求され、受け取りに来られてない証明書は破棄させていただきました。 ページ上部へ


トップページに戻る