大阪市立都島工業高等学校

2020/09/18 15:23 更新

図書部

「都工生が選ぶ(好きな)本の総選挙」を図書部主催で行いました。
 一番好きな本を、一人1冊投票してもらいました。
 509人の都工生が投票してくれました。
 投票結果とその本を図書館入り口において、読書のきっかけにしてもらっています。

図書部 図書部 本の総選挙3

11月17日土曜日、18日日曜日の文化祭で、図書部はブックカフェをしました。
  図書部員の書いた作品集、3種類合計500部を読んでいただきました。
  いろいろな柄の千代紙といろいろな色のサテンリボンで作った200個の栞も持って行っていただけました。
  休憩を兼ねて、無料の飲み物も召し上がっていただけました。
  今年は室内装飾も可愛い柔らかい感じでしました。
  テーブルを飾った折り紙の恐竜は特に好評でした。
  写真部さんの素敵な写真もお借りして飾らせていただきました。

図書部文化祭1図書部文化祭2図書部文化祭3図書部文化祭4図書部文化祭5図書部文化祭6図書部文化祭7



 残念ですが、オーサー・ビジットは落選しました。
 しかし、辻村深月さんの『かがみの孤城』のサイン本をいただきました。
 また、来年オーサー・ビジットに挑戦しようと考えています。

図書部色紙

朝日新聞の「オーサー・ビジット2019」に図書部が応募しました。
 「オーサー・ビジット」は、本の著者(オーサー)が学校を訪ねて、特別授業をされます。
 希望者がそのオーサーへの熱い気持ちを色紙に寄せ書きして送り、オ−サーがその色紙を見て、行きたい学校を選ばれます。
 特別授業の様子は、朝日新聞やウエブサイトで紹介されます。
 図書部は、文化祭で自分たちの創作した小説を中心にした作品集を、ブックカフェもする中で無料配布しています。
 昨年度は、3種類400部の作品集を配布しました。
 しかし、自分たちの小説の出来に満足できず、今年度配布する作品集に載せる小説のレベルアップのため、
 ぜひ『かがみの孤城』で本屋大賞を受賞された小説家の辻村深月先生からのアドバイスをいただきたい、と思い、
 色紙にその思いを一生懸命書きました。希望者が多く、来ていただけるかはわかりませんが、
 自主的に一歩前に出ることが出来たことを、今年度の文化祭で配布する作品集に活かしたい、と思っています。




図書部文化祭図書部文化祭図書部文化祭図書部文化祭図書部文化祭図書部文化祭図書部文化祭図書部文化祭

11月17日土曜日18日日曜日の文化祭で、ブックカフェをしました。部員12人で3種類400部の部誌を製作し読んでいただきました。また、数種類の柄のしおりを200個製作し、受け取っていただきました。飲み物も用意して、カフェでくつろいでいただきました。


図書部

本好きの人が集まるので、
静かに本を読むのが好きな人はぜひ来てください。


図書2図書3

文化祭で配布する作品集の原稿を書いています。
本の紹介文、物語等様々なものを書いています。
文化祭で配布しますので、よろしくお願いします。


図書4

部員で図書館の本の整理もします。
整理していると、知らなかった名作と出会えるかも。


図書5

図書館の本の蔵書点検もしています。


図書6

どんな作品集をつくろうか、いつまでにしようか等の相談、検討をします。
緩やかな感じで楽しく話し合いをします。





図書部の最近の主な活動は、文芸誌を発行することで す。
自分たちで詩やエッセイを書き、印刷して製本し、 文化祭で配布しています。
自分の書いた文章をたくさん の人に読んでいただけるのは、少し恥ずかしくもあるの ですが、たいへんうれしいことです。
これからも、その 時々の自分の「思い」を作品として発表し、冊子にして 残していきたいと思います。
 部員が少ないので、もっと図書部員を増やしたいとい うのが現在の切なる願いです。
都工の図書館には文芸書、 専門書、歴史書、科学書などたくさんの本があります。
部員が増えたら、それらの本について自由に感想を話し 合ったり、自分のお勧めの本について紹介したりなども してみたいと思います。
また、外部の文芸コンクールへ の応募なども積極的にしていきたいと考えています。