大阪市立都島工業高等学校

2018/06/20 19:07 更新

機械科について

機械科は、市立工業学校創立と共に設置された本校では最も古く伝統を誇る科であります。創立以来、7,000余名の卒業生を輩出し、自動車産業や電機産業、メカトロニクス産業等のあらゆる産業に貢献してきました。
 創立当初は、日本の近代化をふまえた3HP蒸気機関や英式4尺旋盤等の実践的なものづくりを重視し、高度成長期には、設計・製図・実験等の理論的教育に重点を置いて中堅技術者を養成してきました。平成6年の教育課程改訂で「課題研究」が導入されてらは、再び創造性を重視したものづくりを実践しています。機械技術の基礎・基本からハイテク技術にいたるまで幅広く学習し、ソーラーカーやリッターカー、ロボット等を製作して各種大会で優秀な成績を上げております。