大阪市立都島工業高等学校

2018/04/23 15:08 更新

機械科の歴史

年  月              事        項
明治40年  本校創設に伴って、本校機械科(修業年限4年)、選科機械科(修業年限1〜2年) 設置される。
   41年  開校
   45年  本科機械科第1回生卒業
大正 4年  地ならし用ローラー2台を鋳造製作する
    6年  3HP石油発動機1台、3HP蒸気機関1台製作
    7年  数児磁計(現在の電光掲示式時計に似たもの)を作り、市民博物館
        (現存の天王寺市立図書館)前に設置する。
    8年  ウォーター・ツール・グラインダー(20")を製作
   10年  ゲーリー式授業実施(午前,午後,学科と実習とを交互に実施して、生徒定員倍増を計る)
   15年  水力実験装置一式を建設設置、併せて水力実験用水槽としてプールをつくる。
昭和 4年  白羊会(機械科在校生親睦団体)誕生
    5年  米式6尺旋盤2台を設計製作、規格に基づいて旋盤の精度試験を実施
    7年  英式4尺旋盤を設計製作し、青年学校(職業訓練所)に10数台寄贈
    8年  材料運搬用手押車2台を鍛工場にて製作
   20年  機械実習工場の施設及び設備の大部分を戦災により消失
   22年  酉島工業学校を併合、職員及び生徒数急増、機械実習を旧酉島工業学校で実施する。
   23年  機械実習設備の一部を旧酉島工業学校より機械科別館周辺に移し木型鋳造鍛造、仕上、
        機械加工の実習を本校で行う。
   24年   旧酉島工業学校の実習施設及び設備を本校に移築、移設し、併せて賠償解除となった工作機械を多数、
        旧文部省より借用し、実習授業の形態が整う。
   27年  産業教育振興に伴う実習設備の充実計画が樹立し、本年より逐次各種実習設備の購入が始まる。
   40年  機械別館2階実験室を改装し、第1実験室、第2実験室、熱処理実験室等を設く。
   41年  機械科卒業生部会として、都機会創立、2月17日都機会第1回総会を開催する。
   48年  機械・機械電気科の新実習工場の建設に着手1期工事竣工
   49年  新東館2期工事が完成される。機械実習室及び精密工作室併せて560m2
   50年   卒業生部会の名称を都機会より白羊会に変更する
   61年   体育祭で総合優勝を果たし、平成元年まで連続V4を達成する
   62年   読書感想文コンクールにおいて大阪市学校図書館協議会会長賞を受賞する。
平成 2年   「課題研究」の導入において、20数年ぶりにキュポラ操業を再開する
    5年   「ロボリンピア'93」に初出場し、ダイアスロン部門で優勝する
    8年   エコエナジーOSAKA'96ソーラーカーレースで準優勝、朝日ソーラーカーラリーIN神戸で上位入賞
   10年   エコエナジーOSAKA'98ソーラーカーレース3位・特別賞、ロボリンピア'98タッグDEダンク部門準優勝
          体育祭総合優勝
   11年   ホンダエコノパワーリッターカーレース4位、朝日ソーラーカーラリーIN神戸で総合4位・ラリー100点満点
   12年   体育祭総合優勝
   14年   第2回旋盤技術競技会大阪大会2位、マイコンカーラリー近畿大会ベスト16
   15年   第3回全国ものづくりコンテスト全国大会ポスター部門最優秀賞、
        第3回旋盤技術競技会大阪大会2位、発明工夫展大阪市長賞・全国入選、シーケンス制御実習装置新設
   16年  第4回旋盤技術競技会大阪大会2位、炭酸ガスレーザ加工機新設
   18年    第6回旋盤技術競技会大阪大会3位、第14回大阪府産業フェアロボット相撲大会優勝
        体育祭総合優勝
   19年    第7回旋盤技術競技会大阪大会2位
        第7回全国ものづくりコンテスト近畿大会旋盤作業部門優勝、全国大会出場
   20年   100周年記念体育祭総合優勝(2連覇)
   21年   第8回旋盤技術競技会大阪大会3位
        体育祭総合優勝(3連覇)
   23年   全国産業教育フェア鹿児島大会出場(鋳造部門)
   24年   全国高等学校総合文化祭美術工芸部門文化連盟賞受賞
          エコデンカーレース技術デザイン賞受賞
   25年   エコデンカーレース全国大会出場26年10月 体育祭総合優勝
         エコデンカーレース全国大会出場(完走)