建築科

建築科は、建築技術者として仕事ができるように製図・法規・施工などの建築に関する知識や技術を勉強する学科です。製図においては、住宅設計図を中心に作図し、実習では測量実習、 CAD実習、模型製作、溶接実習などを行います。

建築1 建築2

在学中に建築施工技術者試験が受験できます。

2級建築士試験の受検資格要件について

平成21年度入学生から、建築士法の改正にともない2級建築士試験の受検要件が変更されます。
 本課程の場合は、指定科目を所定の単位数以上を修得しなければなりません。卒業した後、建築実務の経験を3年有することで、2級建築士試験を受検することが可能となります。

建築3 建築4

建築科で学習する主な専門科目

建築科で学ぶ主な専門科目は以下の表のとおりです。

科目名 内容
建築実習 測量・溶接・造形・色彩・模型製作・CAD(コンピュータを用いた設計・製図)等の実習を学びます。
建築設計製図 建築製図の通則および製図に関する基礎知識、構造や意匠の設計表現を学びます。
建築構造設計 建築物に影響を与える各種荷重を合理的に地盤に伝える仕組みや、各種応力の解法等を学びます。
建築構造 建築物の主要構造である木構造、鋼構造、鉄筋コンクリート構造と建築材料等について学びます。
建築計画 住宅をはじめとする各種建築物の計画や建築物の内外環境、建築物の歴史等について学びます。
建築施工 建築生産の過程や各種建築物の施工法、積算等について学びます。
建築法規 建築基準法を中心に、都市計画法、建築士法等の建築法規の基本を学びます。
2級建築士講座 建築計画・建築法規・建築構造・建築施工、4学科の過去問題に取り組み、資格取得の能力を養います。

建築科実習風景

建築科の主な実習を写真で紹介します。

建築5 建築6 建築7 建築8
コンピュータを使い建築物の設計・製図を行います。 コンピュータを使い建築物の設計・製図を行います。 コンピュータを使い建築物の設計・製図を行います。 鉄筋を溶接し、その強度を試験で確認します。

建築科生徒作品

建築科生徒が実習で作成した作品を紹介します。

建築9 建築10 建築11 建築12
長屋の模型を詳細まで作り上げます。 構造部材を学びながら軸組模型を製作します。 水彩絵の具やコンピュータで色彩を検討し着色します。 コンペ(設計競技)に取り組み設計と表現を学びます。