都市工学科

道路・鉄道・橋・トンネル・空港・港湾・上下水道・公園などは、人々が豊かで快適な生活を営むための重要な都市施設です。都市工学科ではこれらの建設に関する知識や技術を修得するため、測量・設計・施工・管理などについて学習します。

都市工学1 都市工学2

在学中に測量士補・2級土木施工管理技術検定(学科試験)などが受験できます。卒業後は、実務経験3年で、2級土木施工管理技士の受験資格が得られます(学科試験合格者は実地試験のみを受験)。

都市工学3 都市工学4

都市工学科で学習する主な専門科目

都市工学科で学ぶ主な専門科目は以下の表のとおりです。

都市工学実習 測量(平板・水準・トラバースなどの測量)・材料(コンクリート・鉄筋の強さ)・土質(土の強さ)等の実習を行います。
都市工学製図 製図の基礎と規約および測量製図(路線の設計など)、構造製図(鋼構造・鉄筋コンクリート構造など)を学びます。
土木基礎力学 構造物に作用する力と耐力など構造に関する力学、水圧や水流など水に関する力学、地盤の強さなど土の力学を学びます。
測量 地球の形状を測量し図面に再現する技術、構造物の正しい建設位置を地表面に割り出す技術を学びます。
社会基盤工学 道路・鉄道・橋・トンネル・空港・港湾・上下水道・公園などの社会基盤を整備するための知識、技術を学びます。
土木施工 各種構造物の施工法、盛土・切土など土の工事、地盤の改良などについて学びます。
測量士補演習 測量士補試験の過去問題に取り組み、資格取得を目指します。
土木施工管理演習 2級土木施工管理技術検定の過去問題に取り組み、資格取得を目指します。

都市工学科実習風景

都市工学科の主な実習を写真で紹介します。

都市工学5 都市工学6 都市工学7 都市工学8
製図の基礎と、測量製図・構造製図を学びます。 距離、角度などを測る測量技術を学びます。 コンクリート・鉄筋の強さや、性質を学びます。 ワープロ・表計算・CADなどを学びます。

都市工学科生徒作品

都市工学科生徒が実習で作成した作品を紹介します。

都市工学9 都市工学10 都市工学11 都市工学12
平板測量により、校内平面図を作製します。 鋼構造・鉄筋コンクリート構造の図面を作製します。 H形鋼を主桁とする橋梁模型を製作します。 トラス橋の模型を製作します。