沿革

大正 10年 9月13日 大阪市立泉尾工業学校認可、紡織科、色染料、窯業科設置、修業年限5か年、定員500名
  11年 3月 9日 学則改正、応用化学科増設、定員650名
  11年10月20日 本館完成、仮校舎から移転
  13年 5月27日 実習工場完成
  15年 3月31日 大阪市立泉尾工業専修学校併置(夜間課程)
昭和 10年10月 1日 大阪市立泉尾第二工業学校併置(夜間課程)、工業専修学校廃止
  12年10月 1日 学則改定、応用化学科第二部設置(昭和15年3月まで)
  14年 4月 1日 学則改正、化学機械科増設、定員875名
  19年 4月 1日 窯業科、工業化学科、化学機械科設置、修業年限4か年、定員1,200名(紡織科、色染料募集停止)
  21年 4月 1日 学則改正、紡織科、色染科、窯業科、エ業化学科設置、修業年限5か年、定員800名、大阪市立酉島工業学校(応用化学科)を本校に合併
  22年 4月 1日 学制改革、新制中学校併設、2・3年生編入
  23年 4月 1日 学制改革、大阪市立泉尾工業高等学校と改称、紡織科、色染料、窯業科、エ業化学科、化学機械科設置、修業年限3か年、定員720名
  24年 3月31日 併設中学校廃止
  27年10月20日 創立30周年記念式典挙行
  33年 6月 1日 講堂兼体育館完成
  34年 4月 1日 学則改正、繊維工業科、色染工業科、窯業科、工業化学科、化学機械科設置、定員900名
  36年 6月11日 プール完成
  37年10月20日 創立40周年記念式典挙行
  38年 4月 1日 学則改正、電気科増設、定員1,080名
  38年 6月15日 電気科校舎完成
  39年 3月31日 化学機械科校舎完成
  47年 3月31日 化学機械科実習工場完成
  47年10月20日 創立50周年記念式典挙行
  47年12月25日 創立50周年記念館完成
  49年 5月31日 繊維工業科校舎1・2階完成
  50年 9月 1日 繊維工業科校舎3・4階完成(全館完成)
  53年 2月15日 色染工業科校舎完成(4階計算機室、視聴覚教室)
  54年 4月 1日 化学機械科を機械科と科名変更(1学年より学年進行)
  57年 3月10日 工業化学科校舎完成、窯業科校舎一部完成
  57年10月16日 創立60周年記念式典挙行
  58年 3月31日 窯業科校舎完成
  60年 8月10日 本館校舎完成、同時に屋上プール完成
  61年 7月20日 体育館完成
  61年10月18日 落成記念式および記念講演会
  62年 3月26日 クラブハウス完成
  63年 4月 1日 窯業科をセラミック科と科名変更(1学年より学年進行)
平成 元年11月18日 第ニグラウンド完成
  4年10月24日 創立70周年記念式典挙行
  5年 4月 1日 学則改正、繊維工業科、色染工業科を改編しファッション工学科設置(1学年より学年進行)
  14年10月19日 創立80周年記念式典挙行
  23年12月 6日 ファッションエ学科と上田安子服飾専門学校・大阪文化服装学院との高専連携協定を締結
  24年10月20日 創立90周年記念式典挙行