HPロゴ.jpg

2019/05/21 17:59:14 更新

〒555-0024 大阪市西淀川区野里3−3−15   TEL: 06−6474−2221   FAX:06−6473−9950     ※2018学校案内パンフレット

** 就職に強い淀商  **         ** 地域に愛される淀商 **         学校見学いつでも受け付けています。お電話ください。
情報_H1

世の中にあふれる情報を価値ある情報に加工し、活用できる人材を育成する

特徴

現在の企業活動はITの利用技術は必要不可欠なものです。情報科学コースでは1年次に学習した情報処理(ワード・エクセル)を発展学習し、今日の高度情報化社会で活躍できる人材を育成します。
プログラミング、マルチメディア、Web(インターネット関連)等について学習します。情報処理やプログラミングといった複数の資格取得を目指すことができます。
将来的に様々な分野での就職に役立ちますが、大学・短大への進学のほか、情報処理系専門学校への進学を考えている人にお勧めです。

情報_img01

情報処理教室

1年生の「情報処理」や選択授業などで、コンピュータ実習を中心に使用される。

情報_img04

祝!全国大会出場

全国情報処理競技大会大阪代表決定!

コンテスト

年度 コンテスト 成績等
平成20年度 全国高等学校情報処理競技大会出場 大阪府代表

担当の先生より

プログラミングやマルチメディア、Web(インターネット関連)等があります。また勉強した内容は検定試験の合格に結びつき、情報処理検定1級の取得により大学への進学をより有利にすすめることができます。
 将来、様々な分野での就職を考えている人には当然役立ちますが、大学・短大への進学や、情報処理系専門学校への進学を考えている人はぜひ選んでほしいコースです。

生徒の声

情報科学コース3年生

情報科学コースを選んだ理由は、他のコースよりも一番資格取得ができると考えたからです。全商情報処理検定のビジネス情報部門2級を取得するときは、毎日放課後、情報処理室を借りて実技の練習をし、勉強したことを思い出します。今も1級取得を目指して頑張っているところです。
 情報社会と言われる今の時代では、社会に出たとき、パソコンを扱えるとことは必要です。たとえば、この作業には、この機能を使えばいいということを考えられるようになることが大切だと思います。今個人的には、オリジナルのゲームを作りたいと思っています。

情報科学コース3年生

2年生からはじまるコースの授業で新しく学ぶのが「プログラミング」という科目です。自分でつくったゲームのプログラムをパソコンに入力し、出来上がればそのゲームで遊べるとても楽しい授業でした。3年生では1・2年生で学んだことをもっと奥深く学び、レベルアップが実感できる1年でした。
 この「情報科学コース」の一番の魅力は資格が数多く取得できるということです。初心者の人でも大丈夫です。先生方がとても熱心で楽しく、検定前は夜遅くまで勉強を教えてくださって初心者の私も多くの資格を取得できました。私は情報科学コースを選択して本当によかったと思います。

コース必修科目(3科目10単位)

プログラミング (2年 4単位) ビジネス情報 (2年 3単位) IT演習 (3年 3単位)
1.プログラミング基礎 1.表計算ソフトウェアの活用 「プログラミング」の学習を
2.プログラミング応用 2.データベースソフトウェアの活用 進め、より複雑なアルゴリズムを
3.ハードウェア 3.ビジネス情報の分析と活用 扱い、アプリケーションソフトの
4.ソフトウェア 4.ビジネスと情報システム開発の基礎 作られ方や仕組みも学習する。