沿革

  年  月  出来事
昭和15年 3月 大阪市立第六工業学校(機械科設置、修業年限3ヶ年)として設立認可
昭和15年 4月 大阪市立都島工業学校の仮校舎において開校。初代校長 村部省三。入学生徒 168名(4学級)
昭和16年 4月 大阪市立生野工業学校と改称
昭和17年 9月 仮校舎より木造新校舎(現在地)に移転
昭和18年 4月 4年制工業高校となり、夜間部を設置
昭和22年 4月 学制改革により併設中学校を設置
昭和23年 4月 学制改革により工業高等学校となる
昭和24年 3月 工業高等学校第一回卒業式および5年制工業学校、併設中学校最終の卒業式を挙行
昭和24年 4月 普通科1学級を設置
昭和25年 4月 普通科の生徒募集を停止し、電気科2学級、同じく夜間課程1学級を設置
昭和28年 4月 夜間課程(定時制課程)が独立
昭和32年  4月 時計・計器科1学級を設置
昭和33年 4月 電気科1学級を増設
昭和38年 4月 時計・計器科1学級を増設
昭和59年 4月 時計・計器科を電子機械科に改称
平成22年 11月 創立70周年記念式典を挙行
生野工業高等学校画像2.jpg

生野工業高等学校画像3.jpg