工芸高校Q&A

★工芸高校の関して、よくご質問いただくことをまとめました。


  Q1)工芸高校とは、どのような学校なのでしょうか? 

  A1) 工芸高校は、大正12年(1923年)に創立された美術・デザイン
    ・造形教育を行う専門高校です。
    普通科にはない専門的なデザインの勉強をする公立の高等学校です。
    本館はモダニズム様式の時計塔のあるレンガ造りで、ドイツのデザ
    イン学校「バウハウス」の前身であるワイマール工芸学校を模した
    ものです。平成12年12月に大阪市有形文化財、平成20年には
    経済産業省近代化産業遺産に指定された貴重な校舎を有しています。
       

  Q2) 入試で面接試験はありますか? 

  A2)面接試験はありません。



  Q3) 大阪市以外に住んでいるのですが、入試を受験することはできますか? 

  A3) 原則として本人及びその保護者の住所が大阪府内にある者とします。
    それ以外の方の受験に際しては直接、大阪市教育委員会にお問い合わせの
    うえご確認ください。



  Q4) 全学科とも入試で「実技検査」が実施されるのですか? 

  A4) H28年度入試より、全学科「学力検査」と「実技検査」を実施しています。



  Q5) 入試の「学力検査」及び「実技検査」はどのようなものですか? 

   A5) 過去8年間の実技検査問題を こちら より見ることができます。
    ぜひ参考にして練習してみてください。



  Q6) 体験入学のようなものはありますか? 

  A6) はい、あります。
        オープンキャンパス9月号「しっかり体験」が体験入学です。
    今年度は、平成29年9月23日(土)に行います。締切は9月上旬ごろです。
    自分が希望した学科の実習を実際に体験することができる内容です。
    工芸高校の雰囲気を実際に体感することができます。
    「しっかり体験」以外にも、工芸高校の雰囲気がわかっていただける催し
    として学校見学会を実施しています。



  Q7)「学校見学会」ってどのようなことが見学できるのですか? 

  A7) オープンキャンパスの「あれこれ体験」や「じっくり見学」が学校見学会
    です。学校見学会では体験入学と違い、各専門学科の実習室など学校全体
    の施設を見学したり、日頃行われているすべての専門学科の授業を見学し
    たり、プチ体験いただけます。
    見学や体験を通じて各専門学科の実習内容や授業の様子、実習作品を同時
    に知っていただける催しです。
    今年度は7月15日(土)、11月18日(土)に予定しております。 



  Q8)「工芸高校展」ってどんな催しですか? 

  A8) 工芸高校生の作品展です。
    在校生が今年度1年をかけて作成したいろいろな作品を発表する場です。
    体験入学や学校見学会とはまた違った雰囲気で本校での教育実践を見学
    していただけます。
    今年度は平成30年1月27日(土)、28日(日)の2日間で行われます。



  Q9) 卒業したら芸術系の進学、就職しかできないのでしょうか? 

  A9) そのようなことはありません。多くは芸術分野に進学していますが、
        3年間の学習成果をもとに、自分の得意分野を進展させる学部等を
    設置する大学、専門学校に進学する生徒が近年は多くなっています。
    就職については昨今の経済状態の影響もあり、専門性を生かした仕
    事ができる求人先が大変少なくなっているのが現状です。 



  Q10) 工芸展の作品を見て、自分があんなすごい作品ができるのか心配で
        工芸に受験するのを迷っています。 

  A10) 大丈夫です。
    本校への入学する人は全員、専門的な授業を受けるのは初めてです。
    そこで本校では1年生から一歩づつ階段をのぼる様に授業の中で実
    力が自然に身につくように指導しています。
    作品に対して丁寧に取り組む姿勢があれば、何も心配する必要はあ
    りません。



  Q11) 学校転入・編入についての詳細を教えてください。

  A11) 転入に関しては、現在の在籍校名、学年、カリキュラム、現在までの
        単位習得状況などをお知らせいただき、本校への転入が可能と判断さ
    れた場合は転入学試験を行ないます。
    編入に関しましては、過去に在籍していた学校名、在籍していた年度
    および学年、そこでの単位習得状況などをお知らせいただき、編入が
    可能かどうかを判断させていただきます。



  Q12) 工芸高校の資料がほしいのですがどうすればよいですか? 

  A12) 簡単なパンフレットしかありませんが245円分の切手を同封のうえ

    〒545−0004  大阪市阿倍野区文の里1−7−2
    大阪市立工芸高等学校 総務広報部 までご請求ください。



    ●これからも順次、掲載していきますので参考にしてください。
     またQandAへの質問、ご意見等ありましたらご連絡いただきますよう
     よろしくお願いいたします。