クラフト科ではものづくりを通して、心豊かで快適な生活を創るための生活空間、生活用品のデザイン・制作をしています。

クラフト科では金属工芸・アクセサリー彫金・ガラス工芸・陶芸を4つの柱とし、基礎デザイン・基礎造形の学習を通して、色々な制作技法や表現技法・各素材について学びます。教科内容は、美術・造形・デザイン・製図・情報技術などの表現技法を学ぶ教科と、実習を通して専門的な制作技法を学ぶ教科があります。また、高学年になると、課題研究や応用実習などで、デザインから制作まで、より高度な技法を使った作品制作にも挑戦します。「社会のニーズを意識する感覚」「発想をかたちにする技術」「生みだす力を育む教育」クラフト科はものづくりを通して人づくりを心がけています。

クラフト科1 クラフト科2 クラフト科3 クラフト科4 クラフト科5