大阪市立此花中学校

2020/01/18 13:38 更新

校長あいさつ

平成29年4月1日付け、太田忠男前校長の後任として着任しました 山岡 伸一です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 本校は、昭和36年4月、大阪市立此花第三中学校と開校し、同年5月に正式名称を大阪市立此花中学校として創立されました。
校区は大阪市の西部、間近に「大淀の流れ」をいただき「正連寺」や「澪標住吉神社」をはじめとする、
7寺2宮の神社仏閣を有する歴史ある街並みの伝法地域と、高層マンションを中心とするフローラルタウン等の
新興住宅街に生まれ変わった高見地区の二つの地域から成っています。
 このような環境の中、50余年の歴史と伝統の中で育った校風を受け継ぎながら、
「学習指導・生活指導・健康教育の三位一体の充実を図り、<生きる力>を育む教育活動を推進する」
という学校教育方針のもと、一人ひとりの生徒の個性を最大限伸ばし、
創造力や自主性あふれる人間の育成を目指し教職員一同、日々、努力と研鑽を重ねております。
 また、学校教育目標として
【重点】
 ・子どもが安心して成長できる安全な学校の実現
 ・心豊かに力強く生き抜き未来を切り拓くための学力・体力の向上
 ○学習指導
   ・子ども一人ひとりの状況に応じた学力向上の取り組みの充実
   ・国際社会において生き抜く力の育成
 ○生活指導
   ・安全で安心できる学校・教育環境の実現
   ・不登校の未然防止・早期発見・早期対応・早期解決をはかる
   ・体罰・暴力・暴言等を生まない教職員の生徒指導力の向上
 ○健康教育
   ・健康に関する現代的課題への対応の充実
   ・食育の推進
  を掲げ、子どもたちが社会で活躍し、貢献できる有為な人材として成長していけるよう
取り組んでまいります。今後とも、保護者・地域の皆様方の一層のご支援を賜りますよう
お願い申し上げます。