大阪市立此花中学校

2020/09/25 17:29 更新

校長あいさつ

みなさん初めまして、本年度、此花中学校の校長として赴任をいたしました 東野 英明(ひがしの ひであき)と申します。
前任の山岡校長の後を受けて此花中学校の伝統を大事にまた、新しい学校づくりに邁進していきます。ご協力をお願い申しあげます。

「感じて・考えて・行動を」何事も判断をするときにこの3つを思い出してください。

「山川異域 風月同天 寄諸仏子 共結来縁」  漢詩です。
読み方は、「さんせんいきをことにすれども
        ふうげつてんをおなじうす
        これをぶっしによす
        ともにらいえんをむすばん」
およそ1300年前の話、唐の時代の高僧 鑑真和尚(がんじんおしょう)を日本に招き仏教の教えを正そうと
天武天皇の孫にあたる長屋王(ながやのおおきみ)が送った言葉だそうです。
その時、袈裟を鑑真和尚に送った漢詩だそうです。
前の8文字は、意味を考えてください。なぜ、この言葉を?
「住んでいる場所が違うと同じ山や川はありません。しかし、風も月も同じものです。・・・・」
でも本当に伝えたかった言葉の意味は、どうでしょうか?
「遠い異国の地から日本に来て、どうしても自分と同じ意志で力を貸してほしい。」
「みんな同じ人であり、同じ時間を過ごしています。縁があって、ぜひ、来てほしい。」
もっと深い意味があるように思いませんか。なぜ、この言葉を?知りたい人は、調べてください。