校長あいさつ

令和2年度、前任の文田英之校長先生の後任として着任いたしました中西正明です。微力ではございますが花乃井中学校の生徒たちのために一生懸命努めてまいりますのでどうぞよろしくお願いします。

本校は昭和24年4月1日、大阪市立西第二中学校として開校し、同年5月1日に大阪市立花乃井中学校と校名を改称しました。校名は高地の一隅にある名水「此花乃井」にちなんでつけられたものです。校地は、旧石見国津和野藩主亀井候の大阪蔵屋敷で「此花乃井」は当時より通称「花乃井」として浄水に使用され、浪速三大名水の一つとして謳われていました。「此花乃井」は昭和58年まで校庭にありましたが、新校舎工事のため移設され、現在は校地の東北角の場所に復元され、大阪市の史跡として保存されています。

本校の校訓は、「自主」・「協調」・「責任」です。この校訓に基づき今年度、花乃井中学校では、めざす学校像として「豊かな知性」・「みずみずしい感性」・「高い品性」を柱として、「骨太の人格」の育成を図るとしています。また、めざす子ども像として、「大きな夢と高い志を持ち、何にでも果敢に挑戦し、困難にもへこたれない生徒」を育むとしています。生徒の皆さん一人一人の無限の可能性を伸ばし、「大きな花」を咲かせることが学校の責務だと考えています。

その実現のためには、教職員が「チーム花乃井」として、生徒の皆さんのため、新しい時代の要請に応えた教育活動を展開すると共に、未来を担う大切な人材を育成するため、教育の「不易」の部分も大切に努力していきます。

保護者・地域の皆様方の信託に応えるため、その連携を大切にし、学校全体として「進取の気性」を尊重した教育活動を展開していきます。ご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

校 長   中 西 正 明