校長あいさつ

みなさま、こんにちは。
平成30年4月1日に、日本橋小中一貫校校長として着任いたしました「柴田清志」です。
子どもたちとって「楽しい場所」、保護者・地域の皆様にとって「安心な場所」、教職員にとっては「やりがいのある場所」、それが学校。
日本橋小中一貫校を、このような学校に育てていきたいと思います。

本校は、平成29年4月に小中一貫校として開校いたしました。校下の3つの小学校が統合し新たに「浪速(なみはや)小学校」として開校し、日本橋中学校とともに「日本橋小中一貫校」としてスタートしました。大阪の中心の浪速区にあり、校区には、日本橋の電気街、通天閣に代表される新世界があります。また、大阪南の繁華街や天王寺動物園に隣接している賑やかな町です。

現在は、中学生と小学生あわせて約604名の児童生徒が在籍し、勉学や部活動に日々熱心に励んでいます。

教育目標として、「自ら学び、考え、行動できる、たくましく生きる子どもを育てる」を掲げ、3つのW「Wellness(健康)」「思考(Wit)」「実行(Will)」を大切にする教育活動を推進しております。

平成30年度より、学力向上・安心安全な学校づくりを目指し、以下の取組みを推進中です。
  (1)大阪市教育委員会より「学力向上推進モデル校(中学校数学)」の指定を受け、学力向上/授業力向上を目指す取組みの推進。
  (2)大阪市教育委員会より「プログラミング教育推進事業協力校(小学校)」に指定を受け、企業と連携したロボット授業の実施。
  (3)日本教育工学協会主催の「学校情報化優良校」に認定(2018年12月16日)
  (4)小中一貫校ならではの特色ある活動推進
     ・中学校教諭による小学校高学年への授業実施(英語・音楽・家庭科)
     ・中学校部活動への、小学校6年生仮入部
     ・中学校行事への小学生の見学・参画機会(運動会・文化祭等)
     ・9年間を見据えたキャリア教育推進(Dream Map授業・職業体験・出前授業・トップアスリート夢授業等)

また、2019年度より、「7つの習慣」を採り入れた学校改革リーダーシップ教育プログラム『リーダー・イン・ミー』を導入し、『4・3・2制を軸としたキャリア教育』を推進してまいります。自尊感情が高く、「夢」をもち、自分自身の意志で未来を切り拓く…そんな子どもたちを育んでいきたいと思います。保護者・地域のみなさまのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

日本橋小中一貫校  大阪市立浪速小学校 大阪市立日本橋中学校

校長  柴田 清志