大阪市立今市中学校

2020/01/23 17:03 更新

IMG_1368.jpg

校長あいさつ

『時代』 一安修美

昭和27(1952)年、本校は旭東中学校分校としてこの地に開校いたしました。

当時、淀川にはあの有名な平田の渡しの手漕ぎの櫓の音やとんぼの群れなど、大阪市とは思われぬのどかな風情でしたが、校地には葦が茂り、未だ高射砲の台座がいくつも残されていました。また、本校南側の阪神高速の場所には運河が流れ、多くの魚が棲み、水泳ができるほどの流れだったそうです。

あれから60有余年の歳月が流れ、昭和、平成、そして令和の時代を迎えることができました。地域をはじめ先輩方の熱い思い、ご尽力に改めて深く感謝いたしますとともに、「令和」に込められた「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」のとおり、美しい校風を継承・発展させるべく専心してまいります。

さて、令和元年度の第66回運動会は凡そ20年ぶりの平日、そして春の開催となりました。この間、できるだけ多くの保護者・地域の方々にご観覧いただけますよう土曜日の開催といたしておりましたが、昨年度、残念ながら生徒の部活動の公式戦と日程が重なる事態が生じました。

生徒自身が運動会と公式戦のいずれかを選択しなければならないという厳しい状況を避けることから、平日の日程に変更いたしました。また、秋開催につきましては、学校・学年行事、大阪市統一テストなどが連続するため、生徒の負担軽減の観点から春の開催といたしました。保護者・地域の皆様には、変更の経緯等につきましてご理解賜りますようお願い申しあげます。


運動会当日、生徒たちは競技に全力を尽くし、仲間へ精一杯の声援を送り、大会運営の各係活動に誠実に取り組んでいました。そういう経験の積み重ねが成長の糧となっていくと思います。

また、3年生の学年演技からは「感謝」、そして「伝統の継承」というメッセージが感じられました。時代が変わっても大切にしなければならないもの、それらを見失うことなく今後も教育活動に取り組んでまいります。