aaa

校長あいさつ

大阪市立南港北中学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 国際都市への飛躍を願う大阪市の新しい街づくりの一環として、「緑ある住みよい環境を」をキャッチフレーズに生まれた南港ポートタウン。この街に昭和52年(1997)12月1日、まったく新しい、118番目の大阪市立中学校が誕生しました。それが、大阪市立南港北中学校です。開校式は生徒1名、校歌も校旗もないところからのスタートでした。以来、ポートタウンの整備とともに発展し、昭和58年(1983)年度には、南港南中学校が分離独立。平成5(1993)年度には生徒数975名を記録します。以後は、少子化の影響で徐々に生徒数が減少し、昨年度、平成28(2016)年度には279名を数えました。しかし、南港ポートタウン線コスモスクエア駅前に高層マンションの建設により、発展の兆しも見え、生徒数の増加も見込まれています。

 現代世界は、グローバル化の反面「自国第一主義」が叫ばれたり、難民の問題、テロリズム、人口爆発、食糧危機などが大きく取り上げられています。日本においても、超少子高齢社会、格差社会、子どもの貧困などが、大きな社会問題となっています。しかし、このような時代だからこそ、われわれは、子どもたちに「しっかりとした価値観」「正しい判断力」「豊かな人間性」「丈夫で健康な体」を身につけさせるという、使命を感じております。また、そのための【学力向上】であると考えます。テストで高得点を得ることのみにとらわれず、≪主体的・対話的で深い学び≫が実現できる教育活動を推進します。これらを通じて、子供たちが将来にわたって『豊かな人生』を送ることができればと願っております。皆様方のご理解とご支援をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

大阪市立南港北中学校長 高 井 利 久