特別支援教育部   研究主題:子どもたち一人一人が、共に学びに向かい 生きる力を育む教育をめざして

「障害者権利条約」の批准に伴い平成28年4月1日「障害者差別解消法」が施行されました。学校現場でも「合理的配慮の提供」が義務付けられ、障がいのある生徒への理解と支援が教育活動全体に求められています。また、今年度からは新学習指導要領が実施となり、総則は(一部を除き)今年度から適用されます。ここでは新しい時代に必要となる資質・能力の育成への観点として新たに「学びに向かう力・人間性等の涵養」が掲げられています。この「学びに向かう力・人間性等」は新しい観点で「涵養=水が自然にしみ込むように少しずつ養い育てること」の表現とともに、これまで特別支援教育がめざしてきたことを言語化したものと言えるでしょう。その先には他者の評価やまなざしをもとにした「自己有用感=自分が役に立った、認められた」を獲得し、社会参加への礎としての「生きる力」に繋がることが望まれます。これまでも本市においては障がいのある子どもの人権尊重を図り、地域で「共に学び、共に育ち、共に生きる」ことを基本とした教育を推進してきました。「大阪市教育振興基本計画」でも示されている通り、様々な基礎的環境整備の施策等インクルーシブ教育システムの充実と推進に向けた取り組みが進められています。これは本市の特別支援教育が取り組んできた、個々の子どもの状況にきめ細かく対応しながら仲間と共に学ぶインクルーシブ教育の推進というこれまでの方向性と一致するものであり、本市の教育実践の先見性、先駆性を表すものであると考えます。今、特別支援教育は新たな段階を迎え、さらなる共生社会の形成に向けて充実と深化を求められています。学校が学びの拠点として、特別な教育的ニーズのある子どもと周りの子どもが相互に交流し学習を深めていくこと、人権教育の取り組みを通じて「障がい理解」を推進すること、特別支援教育を全校的な課題として職員全体で取り組むことなど様々な課題が明らかになっています。私たちはこれまで積み重ねられてきた成果を貴重な財産として継承するとともに、新しい時代に対応する「生きる力」の育成をめざし、教育実践・研究と発信を進めたいと思います。

主な活動


研究活動:各ブロック研究会・全市研究発表会・年度末研修報告会・近特連大会(京都府)・全特連大会(名古屋市)・全特連発達障害教育夏期セミナー(大阪市開催)
研修活動:インクルーシブ・フレッシュ研修会
広報活動:機関誌「特別支援教育」・「中養タイムス」・「育成」
行事:合同うんどう会       長居第2陸上競技場(ヤンマーフィールド長居)
    ふれあいステイ      信太山青少年野外活動センター
    ふれあいデイキャンプ  アミティ舞洲
    さくひん展         大阪市役所玄関ホール
    卒業生を励ます会    天王寺区民センター
    スポーツフェスタ      各競技大阪市内各所にて


表示項目はありません。

資料

配布文書はありません。