★重要事項(通知文書等)は左側の【重要】タブ、各学年の様子は各学年のタブをご覧ください!★

風切るつばさ 研究授業 6月26日

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
学校全面再開にともない
校内授業研究も計画的にスタートしました

6年1組の国語授業

風切るつばさ

アネハヅルの若い群れで、一羽がキツネに襲われて命を落とす

仲間殺しの汚名を背負い、群れから排除されるクルル

群れは冬が来る前にヒマラヤを越えて南へ旅立つ

仲間のカララだけがクルルの元に舞い戻り、跳べなくなったクルルに寄り添い、死を決意する
(冬になれば生きていけないし、時期を逃せばヒマラヤは越えられない)

再びキツネに襲われて、跳び上がったクルルとともにヒマラヤに向かう

二羽のアネハヅルは、最後の群れを追うように、南に向かった。つばさを大きく羽ばたかせ、どこまでもどこまでも・・・。

研究授業は、二羽はその後どうなったかのお話を作って、動作(劇)化していくところ

さて、子どもたちは?(写真参照)
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31