★重要事項(通知文書等)は左側の【重要】タブ、各学年の様子は各学年のタブをご覧ください!★

ゼッケンを洗濯

画像1 画像1 画像2 画像2
5時間目、6年生は学習園の前で洗濯をしていました。
ゼッケンを洗って汚くなった水を見て、6年生はにっこりしていました!^^
一生懸命洗っていました。

光合成に必要なものは?

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
6年生は教頭先生による特別授業でした。

ペットボトルの水に水草を入れ、一日放置すると、水が減っていました。
これは水草が光合成をした結果で二酸化炭素と光と水で酸素が作られていたのです!

酸素が本当にできているのか知るために、線香を使って実験をしました。
そうすると、、、???

「ポッ」

という音が聞こえました!
酸素の助燃性をいかした実験でした。

6年 危険から身を守るために

画像1 画像1 画像2 画像2
6年生は危険から身を守ることについて話し合いました。様々な場面を想定して、役割演技しました。悪い目的で声をかけてくる人はどんなことを考えているのか、どのように声をかけてくるのかなど話し合いました。これからますます広い世界に出ていきます。困ることがないようにするための大切なスキルです。しっかり覚えておいてほしいと思います。

6年 社会

画像1 画像1 画像2 画像2
戦国時代について学んでいます。天下統一には「軍事力」「経済力」「政治力」「外交力」がどのぐらいのバランスでいるのか考えました。

【7月9日】第二次世界大戦での港区の様子(6年)

画像1 画像1 画像2 画像2
平和学習を行ないました。
第2次世界大戦では港区も空襲を受け町が焼けています。

戦争の悲惨さを知ることで、
2度と戦争おこしてはいけないという強い気持ちを持ってもらいたいです。

その後のクルルとカララ(7・8・9班)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
仲間が気づいて謝ってきて仲直り
仲間が反省してより仲良くなった
二人とも亡くなりあの世でもずっと一緒

プール開き 7月2日

画像1 画像1
コロナ対策で
1〜4年生はプール水泳は今年中止

特に1年生には
「夏には大きなプールで泳げます!」という入学式の新2年生からの歓迎の呼びかけもなく
来年までプールはお預けとなりました

本当に残念で申し訳ない気持ちでいっぱいですが
こればっかりはしかたないですね

5・6年生だけのプール開きとなりました

そしてこの時が「初蝉」
クマゼミの合唱
盛夏の始まりです。

その後のクルルとカララ(4・5・6班)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
4班 仲間から謝って仲直り
5班 議論の末、二人で生きてゆく
6班 新しい年寄りの群れに合流

その後のクルルとカララ(1・2・3班)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
1班 仲間と合流して許してもらう
2班 キツネが襲ってきて結束、仲直り
3班 仲間に受け入れられず二人で生きてゆく

風切るつばさ 研究授業 6月26日

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
学校全面再開にともない
校内授業研究も計画的にスタートしました

6年1組の国語授業

風切るつばさ

アネハヅルの若い群れで、一羽がキツネに襲われて命を落とす

仲間殺しの汚名を背負い、群れから排除されるクルル

群れは冬が来る前にヒマラヤを越えて南へ旅立つ

仲間のカララだけがクルルの元に舞い戻り、跳べなくなったクルルに寄り添い、死を決意する
(冬になれば生きていけないし、時期を逃せばヒマラヤは越えられない)

再びキツネに襲われて、跳び上がったクルルとともにヒマラヤに向かう

二羽のアネハヅルは、最後の群れを追うように、南に向かった。つばさを大きく羽ばたかせ、どこまでもどこまでも・・・。

研究授業は、二羽はその後どうなったかのお話を作って、動作(劇)化していくところ

さて、子どもたちは?(写真参照)

【6月23日】ハードル走(6−1)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
6年は4時間目運動場でハードル走をしていました。

さすが6年生。ハードルに対して怖がることなくぐんぐん走っていきました。

走る姿がかっこよすぎて…
思わず写真をたくさん撮ってしまいました。

紫陽花の葉にアルミホイル

画像1 画像1 画像2 画像2
6年生理科の学習

さて葉っぱはどうなるでしょう

子どもたちのつぶやきは

水で濡れる
黄色くなる
変わらない
枯れる
色々出ていますが
さて
結果は?

国語自主公開授業

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
研究主任が自らの分散授業(午前・午後)を公開

多数の教員が参観しました

6年生国語
「イースター島にはなぜ森林がないのか」

午前の子どもたちは
「悲惨」の反対は「豊かさ」「幸せ」を
午後の子どもたちは
「悲惨」の反対を「繁栄」と
いずれも文中から言葉を選びました

その後
「ポリネシア人になってみよう」と
「なりきり日記」を書いていく活動です。

教師の仕事の命は「授業」です

学習の遅れを取り戻しつつ
かつ
時数に追われて取りこぼしていくことのないように
ぎりぎりのところで奮闘努力していきます

お見守りください

校長発
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31