TOP

バスケットボール交歓会

画像1 画像1
 2月23日(木)、6年生21人でバスケットボール交歓会へ行ってきました。木津中学校に集まった難波元町小学校、大国小学校、敷津小学校の校区3校で交流試合をする行事です。

 大国小学校の選手の強さは圧巻で、小学生とは思えないプレーの連続でしたが、敷津小学校の選手たちも、気合いとシュートの本数だけは負けていませんでした。

 試合終了後、大国小学校と難波元町小学校の選手たちが、敷津小学校が用意したビブスをきちんとたたんで返してくれました。

 どの学校の子たちも、勝ち負けにこだわらず、他校の子と交流し、試合中も試合後もマナーとルールをきちんと守ってのフェアプレイができたのがいちばんの成果だと思います。4月から、今日対戦した子たちがクラスメイトになるんだなと何人の子が意識していたのかな。

 卒業まであと少し。今日でまた一つ、敷津小学校での思い出が増えました。

【6年担任:阪口】

参観日でした

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
写真です。

参観日でした

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
2月16日(木)
今年度最後の学習参観と学級懇談会でした。

最後の参観ということもあり、「この1年間でこんなことができるようになったよ」と、成長を発表したり、
1年間の行事やがんばりを振り返ったりという授業が多くありました。

久しぶりの学習参観で、朝から何となく緊張気味の子ども達でしたが、ランドセルを背負って帰っていくところに
「さようならー!」と言いに行くと、どの子もニコニコ笑顔でした。
たくさん準備してきた今日の参観が、きっとうまくいったんですね。

懇談会では、1年間の成長を確認し合ったり、PTAの学級委員さんを決めたりの話し合いをしました。

ご参加いただいた保護者のみなさん。ありがとうございました。

教務 根井

音楽鑑賞会

大阪教育大学の吹奏楽部のみなさんが敷津小学校へ来てくださいました。

毎年この時期に演奏会を開いてくださいます。


〜曲目〜

ボギー大佐
お楽しみコーナー
校歌
金管バンドクラブとの合同演奏(ルパン三世、宝島)
365日の紙飛行機

アンコール 恋/星野 源
      前前前世
      おどるぽんぽこりん


お楽しみコーナーでは、妖怪ウォッチの劇にのせて、長調・短調の違い、アーティキュレーション(スタッカート・テヌート)の意味の違いをクイズ形式で学びました。

金管バンドとの合同演奏では、小学生が同じパートの大学生のお兄さん、お姉さんの隣で演奏させてもらいました。隣で迫力ある音を聴きながら一緒に奏でることができて良い経験になりました。

休憩時間は実際に楽器を触らせてもらう体験もしました。どの子も楽しんで参加しました。

演奏中、一緒に歌ったり、体をゆらしてリズムをとったり、充実した時間を過ごせました。

見に来ていただいた保護者や地域の方々、寒い中ありがとうございました。

大阪教育大学吹奏楽部のみなさん、トリプルアンコールまでありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

【音楽担当 藤井】
画像1 画像1 画像2 画像2

給食週間の取り組み

1月23日(月)から27日(金)まで給食週間でした。

その時期インフルエンザ等で欠席の児童が多かったので、給食集会となかよし交流給食を2月13日(月)に延期しました。

その様子をお知らせします。

朝の給食集会では、給食調理員さんに感謝の手紙を手渡しました。

そのあと、健康委員会の児童による発表やクイズがありました。

その日の給食は縦割りのなかよし班で食べました。

和やかな雰囲気の中、楽しく給食をいただきました。

昼休みには、異学年の児童が仲良く遊ぶ姿がみられました。


【給食担当  仲庭】

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

6年生 キャリア教育 朝日工芸さんへ

画像1 画像1 画像2 画像2
 さて、本日は6年生キャリア教育の第3弾として看板屋さんの仕事を体験しに、校区の「朝日工芸」さんにおうかがいしました。元PTA会長の小寺さんの会社です。
 
 最初に、看板屋さんの仕事について、説明を受けました。町のあちこちに看板屋さんの仕事があることに目を向け、病院のガラス戸に書いてある診療時間などの情報やトラックや車に書いてある企業の名前などの標識も看板屋の仕事であることを教えてもらいました。

 次に、クラスのみんなで写真撮影をしました。この写真がこの後の実習の材料に使われます。大きなスターウォーズの看板を背景に撮りました。

 その次に、社長さんによる看板作りの「実演」が始まりました。文字によって筆の種類を使い分けることなど、きれいな看板を作るためのいろいろな工夫について学びました。

 そして、いよいよ「実習」です。先ほど撮影した記念写真を使用した卓上カレンダーを制作し、それにカッティングシートで切り取った名前を張り付けるという本格的なものです。どの子も頑張って、世界に一つだけのカレンダーを完成させていました。

 最後に、小寺先生がなぜ看板屋になろうと思ったのか…という話をしていただきました。「最後に「夢」を見つけたらそれをかなえるためにどうやったらいいかを大人の人に相談してほしい。私も力になります。」ともうすぐ卒業する6年生にエールを送ってもらいました。

 教室に帰って子どもたちは、お礼の手紙を書きました。「社長の字がきれいでした。」「看板屋になりたいと思いました。」「カレンダーを作ることができてうれしかった。」などの感想がありました。

 このような機会を作ってくださり、カレンダーの制作や説明パネルなど細かなところまで準備してくださった朝日工芸さんの方々には、本当に感謝しかありません。ありがとうございました。

【6年:阪口】
 
 

3学期 調理実習

画像1 画像1 画像2 画像2
本日、5年生は、3度目の調理実習を行いました。今日は、みんなが大好きな白玉団子作りとりんごの皮むきを学習しました。ぎこちない包丁さばきでりんごの皮むきから始まりましたが、今回で3度目の調理実習ということもあり少し余裕を感じられる子どもたちの姿がありました。どのグループも美味しそうな白玉団子を完成させていました。
今回の実習時間は、子どもたちの仕事がとても手際が良かったので、予想以上に早く出来上がり、神山先生も5年生の子どもたちを褒めてくれていました。

5年担任 大西

換気をしよう〜教室の空気検査〜

画像1 画像1
2・3時間目、学校薬剤師の阪口先生に教室の空気の検査をしていただきました。
3年生の教室で、気温・湿度・CO2を測定します。
3時間目に空気の汚れの視標の1つであるCO2の結果を先生に教えてもらいました。

望ましい濃度は、0.15%未満。
2時間目の最初が0.1%。中ごろが0.15%。終わりには0.16%!
「えっ、こえてるよ!」グラフを見ながら、3時間目の最初の濃度が心配になりました。
上がってるかな?下がってるかな?みんなで予想してみると、半々ぐらいに。

阪口先生から0.03%だと聞いて、みんなホッとしました。
どうして下がったのかな?
「休み時間、教室に誰もいなかったから」
そうですよね。物を燃やすと増えるCO2ですが、人間の呼吸でも増えるとお話しましたからね。他には…?
「休み時間になるとき、窓を開けてた。」
そうです!空気の入れ替え、換気をしたのですね。
じゃあ、2時間目の最初なぜ0.1%もあったのかな?
それには担任の田上先生から、その前の休み時間、ドアを開けていったのに、教室に戻ってきたら閉まっていたとの情報。
休み時間、ちゃんと換気してなかったからこえてしまったんだということが分かりました。

インフルエンザが流行するこの季節、感染防止のためにも換気が大切であることを付け加えてお話を終わりました。田上先生にあとで聞くと、そのあとの休み時間は、率先して換気をしてくれていたようです。これからもぜひ続けてくださいね!
阪口先生ありがとうございました。

  養護教諭 岡部







かけ足大会

画像1 画像1
 インフルエンザの流行で、ずっと延期になっていた「かけ足大会」を本日、実施しました。3学期に入ってすぐにどの学年も体育で持久走を始めました。今日は、いよいよその練習の成果を発揮できる日です。

 4・5・6年と1・2・3年に分かれて実施しました。気温4度という厳しいコンディションの中、みんないっしょうけんめい走りました。

 敷津小のトラック1周がほぼ100mジャスト。6分30秒という決められた時間で、何周走ることができるかにチャレンジするかけ足大会。

 高学年には、1600mにせまる子も出て、計算してみると平均時速14.6km/時にも達しており、敷津小の「走」のレベルの高さを感じました。

 何より、どの子も自分なりのペースでチャレンジして、事故やケガがなかったことがいちばんよかったと思います。

【体育:阪口】


中華学校との交歓会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
2月3日節分のこの日に、毎年恒例の中華学校との交歓会が行われました。本当に中華民国に行こうと思えば、遠い距離ですが、敷津小と中華学校は歩いて3分くらいの距離に位置しています。今年は中華学校に敷津小学校の子どもたちが行く番です。

 むこうではひもを結んで作る赤とんぼを教えてもらいました。ひも一本と木のビーズ二つを丁寧に結びながら作りました。中華学校の子どもたちが熱心に教えてくれたおかげで、見事な赤とんぼが続々と出来上がりました。ほかにもドッジボールの対戦や中国ごまの体験にも取り組みました。

 最後には春節祭への招待券をもらって、お別れをしました。楽しい時間になりました。中華学校のみなさんありがとうございました。

【4年担任 諏訪原】

新入生がやってきた!

今日(2日)は、次に1年生なる子ども達の入学説明会でした。
おうちの方と一緒に、新入生たちもやってきました。

おうちの方々は、入学までに準備する学用品や、学校で必要なお金の支払い方などについて説明を受けます。
メモをとりながら、熱心に聞いてくださいました。

説明会の間、子ども達は、1年生と5年生と一緒に、ゲームをしたり工作をしたりして楽しく過ごします。
入学した時に、一番上のお兄ちゃん・お姉ちゃんになる5年生と、すぐ上のお姉ちゃん・お兄ちゃんになる2年生と過ごしました。

お兄ちゃん、お姉ちゃんたちは、今日のためにいろんな準備をしながら、わくわくして待っていました。

4月がくるのが、とても待ち遠しいです。

【教務 根井】
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

車いす体験

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
1月26日の3、4時間目に車いす体験を行いました。今日は浪速区社会福祉協議会のみなさん、敷津小学校の校区内にある日常生活支援ネットワーク「パーティパーティ」の方々にゲストティーチャーとしてお越しいただきました。

最初に今日のお話の目的をお話ししていただきました。「もしかしたら、明日には自分が車いすに乗っているかもしれない。身の回りに車いすに乗る機会はじつはたくさんある。だからこそしっかりと車いすのことや乗っている人の気持ちを学んでほしい。」というお話をいただきました。
それから、生まれた時からからだの筋肉を動かすことがむずかしいという障がいのある先生のお話を聞かせていただきました。その先生は、うまく話すことができないために独自のコミュニケーションスタイルをお持ちでした。目線を使って、会話をされていました。方法を教えていただいた児童たちは挑戦してみました。先生の動きをよく見て、予想しながら会話を楽しんでいて、先生の気持ちを理解しようと努めていました。

そして、いよいよ車いすに乗って校外を歩いてみました。車いすを押すときの2つの注意を教えていただきました。1つ目は、車いすに乗っている人に声をかけながら押すこと。2つ目は、立ち止まる時にはブレーキをかけることでした。活動を終えて、
「車いすに乗ると、目線がかわる」
「ちょっとした坂でも車いすに乗ると、こわいと感じた」
など、車いすに乗れたからこその学びが得られました。

 ありがとうございました。

【4年担任 諏訪原】

6年 卒業遠足 キッザニア甲子園

画像1 画像1 画像2 画像2
1月26日(木)6年生が楽しみにしていた卒業遠足「キッザニア甲子園」に行ってきました。

子どもたちは、2〜4人のグループに分かれて思い思いのパビリオンに向かいました。人気があるのは、やはり、すし・ピザ・バームクーヘン・ハイチュウなどの食べ物を作る仕事でした。

他の学校の子と同じグループになって、コミュニケーションをとりながら仕事をこなしていく中で、学校ではできない職業体験ができたように思います。

病気で2名欠席。全員揃わなかったのが残念でたまりませんが、遅刻や事故などのトラブルもなく無事に学校に帰ってくることができました。

移動中も、みんなでいろんな話で盛り上がりました。クラスで電車に乗るのもこれで最後。卒業がちょっとずつ近づいてきています・・・。

写真は、顔がはっきり写りすぎているので、HPからのイメージ写真です。すいません。

【6年 阪口】

International Day

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
1月21日に土曜授業でインターナショナルデーを行いました。今年は英語、モンゴル、中国・韓国朝鮮、フィリピンのブースが開かれました。敷津小学校の保護者の方々、大学の先生やモンゴル領事館のみなさん、英会話の講師先生に協力をいただき、実現することができました。

それぞれのブースでの活動を紹介します。
風が強く極寒となった運動場では、大阪教育大学の教授先生と学生スタッフさんが子どもたちと一緒にMr. wolf, what time is it now?ゲームを改良した活動をしてくださいました。元気よく英語を話しながら、走り出す子どもたちは寒さを吹き飛ばすような勢いがりました。
多目的室、三年生の教室では、児童の保護者のみなさんに母国での暮らしや文化に関することをクイズを交えながら、楽しくお話ししていただきました。お友達のお母さんのお話が子どもたちにはすごくうれしかったようで、「○○さんのお母さんや。」と言いながら聞いていました。
音楽室ではMr.Jによる楽しい英会話教室が繰り広げられました。ユーモアあふれるMr.Jのトークや表情に引き込まれ、子どもたちの爆笑が起こる場面が何度もありました。体を動かしながら歌に乗せて、日常会話を練習しました。
そして、モンゴル領事館の皆様におきましては、前日からゲルを持ち込み、準備をしていただき、当日もそのゲルの中で馬頭琴の演奏やホーミー(モンゴル独特の歌声)を聞かせていただいて、本当に幸せな子どもたちだなあと感じました。

さいごに、各ブースを担当してくださったみなさん、本当にありがとうございました。わたしたちの力だけでは実現不可能だったこのインターナショナルデーはみなさんのおかげで、とても有意義で子どもたちにとって忘れることのできない一日になったと思います。その国のことを、その国の方に教えていただいたので、本物に触れる機会となりました。
これからも子どもたちが今日学んだことを活かし、世界にはまだまだ自分たちの知らない面白いことがたくさんあることを理解し、それを楽しめる人に育っていってほしいと思います。

本当にありがとうございました。


【国際理解教育担当 諏訪原】

毎週、社会見学 3年

画像1 画像1 画像2 画像2
 先々週は、くらしの今昔館に、昔のくらしについて学習しにいきました。自然と、今のくらしと比べながら、昔は昔の工夫がいろいろとあったことを学びました。

 19日は、ライフに社会見学へいきました。
まず、学校で食育インストラクターの方から、食べ物が体に与える3つの役割について、教えていただきました。
 次に、ライフに行って行う、お買い物ゲームについて説明を受けました。

 色々と条件がありました。例えば、「1つ税抜き160円の野菜」「外側と内側の色が違う野菜」「実を食べる野菜」というような条件です。

 ライフに移動して、2つのグループに分かれてライフ内とバックヤードの見学と、お買い物ゲームをしました。
お買い物ゲームをしていたある班は、外側と内側の色が違う野菜で、「かぼちゃ」
と意見がまとまりました。ある子が「南瓜」と書かれた野菜をとろうとしたので、「かぼちゃを漢字で書くと南瓜ってこう書くんや。」とつぶやいていました。

 また、きゅうりを買うと決まった班は、ある子が、きゅうりをそばにあったビニール袋に入れて、かごに入れました。普段のお買い物の様子がよくわかりました。

 ある班は、レジに行って買うだけだったのに、まだ売り場で野菜を選んでいました。近づいて見てみると、お買い得商品と決めた野菜を入れ替えようとしていました。よく見ているなと思いました。

 店内やバックヤードの案内もしていただき、初めて、お店の工夫がつまっているバックヤードは、見るものすべてに、わーと歓声をあげながら見て、普段見ている店内も、説明を受けながら見たので、違って見えました。

 最後に店長さんに、スーパーの仕事や疑問を質問をしました。社会の授業を受けながら、疑問に感じたことが解決されました。最後にライフのマークがなぜ四つ葉のクローバーか質問しました。
 すると、四つ葉のクローバーを見つけた時に感じる嬉しい気持ちを、ライフでお買い物している時にも感じてほしいという願いを込めて作られたものだと教えていただきました。

 これからスーパーマーケットの中にあるものを見る目が変わると思います。それほど、たくさんのことを見せて、教えてくださいました。
お忙しい中でしたが、笑顔で、丁寧に案内や質問に答えてくださったライフの方々、ありがとうございました。
 学校へ帰る時、私たちが見えなくなるまで、見送ってくださったことも嬉しかったです。

担当 3年担任 田上

6年生 キャリア教育 第2弾

画像1 画像1 画像2 画像2
 20日に「プログラミング」教室を行いました。小学校でコンピュータープログラム?なんて、そんなに未来の話ではなくなってきました。子どもたちは、タブレットを使ってねこが障害物をよけて、ねずみをつかまえるゲームを制作しました。内容もさることながら、先生の説明を聞いてゆっくり制作してもOK、自分のペースでどんどんすすんでいくのもOKという指示に、最先端の教育らしさを感じました。
 山口元校長先生が企画された授業ということで、6年生の顔を思い浮かべながらこの授業を作ってくださったんだろうなという面白い内容でした。
 大人よりも覚えが早い子どもたちは、デジタルクリエイターになりきっている子も多く、ちょっと時間が足りない子もいましたが、あっという間の2時間でした。

【6年担任 阪口】

今日は Shikitsu International Day

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
昨日は
モンゴル領事館の方に来ていただいて
ゲルを組み立てました

インターナショナルデイでは
子どもたちが縦割り班(異年齢グループ)でブースを順に廻ります

モンゴル
フィリピン
中国、韓国・朝鮮
英語ダンス
英語ゲーム

土曜授業ですので
子どもたちは通常通りの登校です

8時45分〜11時17分

さあ準備開始!



校長発

6年生のキャリア教育 第1弾

画像1 画像1
イベントプロデューサー 兼 グラフィックデザイナー 兼 パティシエ という異例の経歴をお持ちの鬼龍院ヨネキチさんを講師にお招きし、今年のキャリア教育がスタートしました。

まず、子どぐもたちが知っているテレビ番組やショッピングセンターのイベントなど、幅広く活動されている様子を紹介してもらいました。

そして、子どもたちのそれぞれの将来の夢を一人ずつ、ホワイトボードに書き、好きで続けていくことの大切さをお話しくださいました。

最後に、じゃんけんで勝った子の超特大似顔絵を即興で書いていただき、プロの技を間近で見ることができました。「このイラストも手描きですか?」「写真みたいやー」

子どもたちは、サインをねだったり、ヨネキチさんの作品を鑑賞したり、楽しそうに過ごしていました。

薬物乱用防止教室

画像1 画像1 画像2 画像2
本日、6限目に「薬物乱用防止教室」の授業がありました。講師として、浪速警察と大阪府の職員の方が参加してくれました。VTR鑑賞のあとにロールプレイングをする内容で授業が行われました。ドラッグの怖さをはじめて知る児童や薬物に対しての知識をそこそこ持っている子どもなど、5年生にはいろいろな子どもがいましたが、どの子も真剣に話を聞けていました。
本日の講習を受けて、薬物の本当の怖さを知り、「絶対に薬物には手をださない!」という思いをどの子も持ち続けてほしいです。
講師のみなさん。本日は、5年生の児童のためにいろいろと教えていただきありがとうございました。

5年担任  大西

モンゴル出前授業

1月12日二時間目に2年生と4年生はモンゴルの文化についての出前授業をうけました。2・4年生にはモンゴルからの転入生が来ていたおかげで実現することができました。
モンゴル語のあいさつや自己紹介、モンゴルでできた世界中に広がっている文化など、たくさんのことを教えていただきました。「こんにちは」をモンゴル語でいうと「サインバイノー」といい、発音は日本語の“せんべい”のあとに“ぬー”を付け足した“センベイヌー”というとモンゴルの方にも通じるよと教えてくださいました。
モンゴルの衣装を着させてもらったり、食べ物や飲み物をいただいたりもしました。今までに味わったことのないような味に驚きつつ、楽しみながら学ぶことができました。
また来週のインターナショナルデーでもモンゴルのブースを開いていただくので、ぜひ保護者の皆様もおこし下さい。

出前授業に来て下さったモンゴル総領事館の皆さま、本当にありがとうございました!

【2年担任 田邊 4年担任 諏訪原】

画像1 画像1
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
3/2 体重測定(低)
キャリア教育6年(大国保育所)
3/3 委員会活動
3/4 6年生を送る会
6年茶話会
PTAお疲れさま会
PTA実行委員会