TOP

英語出前授業 〜小中連携〜

画像1 画像1 画像2 画像2
敷津小学校は
隣接する
大国小学校と
難波元町小学校とで
木津中学校へ進学する

小中連携の取り組みとして
中学校の先生が
6年生に英語を教えに来てくださる出前授業を何年も前から実施している

中学校の先生も、
大きな声で反応し
積極的に活動する小学生相手に
テンションも上がって
楽しい授業となりました

今年から少し変わったのが
書く活動が入ってきたこと

英語の教科化が近づいてくるのを
実感する場面だった


校長発

ブックトーク絵本の会 11月29日(火)

画像1 画像1 画像2 画像2
毎週水曜日の朝の会は
全校挙げて読書タイムです

その中で
毎月第二水曜日は
なにわえほんの会の方々に
絵本の読み聞かせに来ていただいています

そして
そのはるか以前から
10年以上前から年に一度

ブックトーク絵本の読み聞かせに来ていただいているのが

おはなしポケット
の皆さんです

教室の電気を消して
ろうそくに灯をともし
本の世界に
子どもたちを連れて行ってくれます

今年もありがとうございました


校長発

お話ポケット

画像1 画像1 画像2 画像2
 11月29日(火)2・3時間目、「お話ポケット」がありました。
「お話ポケット」というのは、浪速図書館と、あべのおはなしポケットの方々が、毎年、1時間の読み聞かせに来てくださいます。

 お話の世界にしてくれる、ろうそくを灯して、読み聞かせが始まります。
まず、初めに、3年生では、どんぐりの絵本を読み聞かせしてくださいました。
読み終えてから、「どんぐりのひみつは、『どんぐりのかいぎ』という本にも書いてあります。」と、関連本の紹介をしてくださいました。

 いつもすごいなと思うのは、
絵本を見ずに、語られるところです。本二冊分、語られました。
 外国のお話や、日本の昔話、古くから伝わる話など、幅広い分野のお話を読み聞かせしてくださいました。

 ろうそくの灯を消す瞬間に、1つ心の中でお願いごとをしました。
子どもたちは、目をつぶって、手をにぎってお願いごとをしていました。
 とてもほほえましく感じました。

 すてきな時間をありがとうございました。

【図書担当:田上】

さくら・夢授業バスケットボール教室

画像1 画像1 画像2 画像2
本日、2時間目に5・6年生は、エヴエッサ大阪の選手、スタッフによるバスケットボール教室に参加しました。ボールを用いての準備体操から始まり、ドリブルの仕方、パス練習やシュート練習などを学びました。
スタッフの方の説明に耳を傾ける表情は、みんな真剣でした。練習中には「バスケットボール重たい」や「ドリブルむずかしい」とあちらこちらから子どもたちの声が聞かれました。
バスケットボールに興味がある子もない子も今回のバスケットボール教室に参加して、バスケットボールをより身近なスポーツだと感じたことでしょう。本当に貴重な経験ができました。エヴエッサ大阪のみなさん、本日は大変お世話になりました。ありがとうございました。

(5年担任 大西)

4年 天王寺 校外学習

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
天気予報では雨が降るかもしれないといっていた本日、
4年生は校外学習で天王寺動物園と防災センターに行ってきました。

家から近いこともあってか、天王寺動物園に行ったことのある児童が多い中でしたが、
友だち同士でまわる天王寺動物園は新鮮だったようで、限られた時間の中、精一杯使って走り回っていました。動物に詳しい子がたくさんいて、
「このクマがおなじところをずっとまわってるのは、ストレスのせいやねん」とか
「ヒツジの目は、マイナスになってるねんで」
などいろんなことをみんなに教えてくれました。
動物園の中でお昼ご飯を食べて、防災センターに向かいました。
 
 防災センターでは、実際に地震が起こったあとの町がリアルに再現されていてその中で、どのように行動するべきか体験しながら教えてもらいました。地震体験装置を使って、阪神大震災とこれから起こると予想される南海地震を体験してみました。ものすごい揺れで大人の僕でも物につかまって立っているのがやっとという状態でした。

盛りだくさんの一日で、帰ってきた子どもたちはみんな笑顔でした。

【4年担任 諏訪原】

教室はまちがうところだ 11月28日(月)朝会講話

画像1 画像1 画像2 画像2
 児童朝会で、エジソンの話をした。
 この話は、私が担任時代からずっと子どもたちに語りかけてきた大好き、かつ大切な話だ。
 その昔、2003年4月8日に、5年生の学級開きで話したことをクラスの女の子が作文に書いて、それが『大阪の子No.42』に掲載されている。



 始業式の日、先生はいきなりポケットから、電球を取り出した。
 「この電球を発明した人は誰ですか。」
 誰かが、「エジソン。」と答えた。わたしも知っていた。
 「エジソンはこの電球を発明するために、何回も失敗して、何度も何度も実験をしました。何回くらい失敗したでしょう。」と先生がたずねた。
 わたしは、300回くらいかなと思った。
先生が、20回、200回、2000回、20000回と聞いていった。
ほとんどの人が200回と答えた。一人だけ20000回に手をあげた。
(そんなはずないやん。)と思っていると、
「正解は20000回です。」と先生が言ったので、びっくりした。
 エジソンが、20回の失敗であきらめていたら、エジソンが200回の失敗であきらめていたら、エジソンが2000回の失敗であきらめていたら、電球は発明されなかった。今も世の中は真っ暗だったかもしれない。
 しかも、エジソンはインタビューされた時に、
「私は失敗などしていない。20000回、まちがい方をみつけたのだ。」
と言ったと聞いて、もっとびっくりした。
 失敗してもあきらめずにがんばったらうまくいくことがわかった。
 先生は言った。
「失敗するからできるようになるのです。失敗するから強くなるのです。教室はまちがうところです。どんどんまちがえて、どんどんかしこくなりましょう。」
 わたしは、今まで、まちがった時、どきどきしていたけど、先生が、「教室はまちがうところだ。」と言ってくれたので、今はまちがえても、ぜんぜんどきどきしなくなった。
 わたしはいつも、お姉ちゃんとかに、
「自信もち。」って言われてきたけど、ずっと自信がもてなかった。でも、今はなんか自信がもてるような気がする。
 まちがってもいい。またやりなおせばいい。
 これからも教室で、何回も何回もまちがうと思うけど、また失敗してかしこくなっていけばいい。
 教室はまちがうところだ。
 わたしは、がんばる。
 


 昨年、彼女の結婚式に呼ばれて、この作文を皆さんに披露することができた。



校長発


戦火の敷津  その人からのお手紙

画像1 画像1
昨年3月に、一冊の絵本が送られてきました。

「まちがやけた」

副題は、「昭和20年3月13日−14日 大阪大空襲体験記」。
絵本の作者(静岡県在住)は当時5年生。卒業式で在校生代表として「送辞」を読むはずだったそうです。
今回、「戦火の敷津」リメイクにあたって学芸会の案内を差しあげたところ、丁寧なお返事をいただきました。



学芸会のお知らせありがとう。

当日私は敷津小の5年生でした。次の日は6年生の卒業式でその予行演習が行われました。その日の夜から翌日の未明にかけて空襲があったのです。

私の友達・同級生の多くは滋賀県に集団疎開していて敷津国民学校にはいませんでした。私は南河内の親戚に疎開していましたが、空襲の日のしばらく前から実家に戻っていました。一晩で学校のまわりは灰になってしまったので、生徒も先生もいなくなり授業も卒業式も行われなくなりました。私もその日から今まで同級生のだれとも会っていません。集団疎開していた人たちも迎えに来た親といっしょに縁故をたよってどこかへ行ってしまったのでしょう。親が亡くなった人たちはだれが迎えに行ったのでしょう。

予定していた卒業式がなくなった6年生はそのために集団疎開から戻ってきて空襲にあってしまったのです。その人たちは大人になってから名前をたよりに電話をかけまくり見つかった人たちだけで30年後に卒業式を挙げたということです。

私は母の親戚をたよって北河内郡交野町(現交野市)にふたたび疎開し、そこの交野国民学校で6年生を送りました。私は敷津小の附属幼稚園(同じ敷地内にありました。今の南西角です。)に入って5年生を終えるまでの7年間敷津小にいたことになるのですが、卒業はたった1年間いただけの交野小学校です。

絵本「まちがやけた」に書いたことは今の町のようすからは想像もできないでしょう。しかし、あれは71年前にほんとうにあったことなのです。敷津小から地下鉄大国町駅へ行く途中にはまだ原っぱがあり、市電が走っていた頃の話です。



学芸会当日
子どもたちの熱演の後
終わりのことばで
この手紙を読ませていただきました。




校長発


揺れているよ!

画像1 画像1
地震体験。まずは、阪神淡路大震災。そして、これから起きる、南海地震。
はっきり言って怖いです。地震の恐ろしさを体験しました。

あぶない!!

画像1 画像1
看板が落ちてきて、ビックリ!!
頭をしっかり守らないとね。
こっちは、ガス漏れだ!
避難する時は、しっかりと確認して、避難しないとね。

火事が発生しました!!

画像1 画像1
公衆電話を使って、消防車を呼んでいます。
慌てずしっかりと伝えないと、消防局の人に通じゃないよー。

4年生 社会見学 12月1日

画像1 画像1
天気の具合が心配でしたが、晴れ男晴れ女?のおかげで、雨は大丈夫です!
午前中は、天王寺動物園に行きました。平日ということもあり、ほぼ貸切! トラにコアラにサルに、かわいい動物たちが、身近で見られました。
お昼は、美味しいお弁当!その後、おやつに、だるまさんがころんだ!!
みんなで、楽しんでいました。
今は、阿倍野防災センターです。消火器体験、消火成功!

突撃インタビュー

画像1 画像1
外国人観光客の方へ 突撃インタビュー

どこから来ましたか?
滞在期間は?
好きな日本の食べ物は?

お礼に手作りの折り鶴をプレゼント


荷物番 根井

お昼ご飯 おやつタイム

画像1 画像1
のんびりお昼ご飯。。。
とはいかず

油断すると鹿がお弁当を食べに来ます。

二人ほど犠牲になってしまいました。
みんなから お弁当を分けてもらってお昼ご飯でした。

付き添い 根井

東大寺大仏殿

画像1 画像1
大仏さまの大きさにびっくり。

大仏さまの鼻の穴と同じ大きさの柱の穴くぐりもしました。

付き添い 根井

無題

画像1 画像1
東大寺南大門

少し遅めの紅葉もきれいです。

付き添い 根井

校外学習6年

画像1 画像1
奈良公園
鹿せんべい

かわいいけど ちょっとこわい

付き添い 根井

タブレット使ったよー!

上級生のお姉さんや、お兄さんたちがタブレットパソコンを脇に抱えて、学習園で植物の写真を撮っているのを見て

「ぼくたちも使ってみたいなぁ」
「大きくなったら勉強でつかうのかなぁ」
と、うらやましそうにしていた1年生。

今日、初めてタブレットパソコンを使いました。

1年生の教室に、ICT訪問研修の3名のインストラクターの方以外に、たくさんの支援員、先生を投入して、1回目のタブレットの勉強をしました。

子ども達は、ひとつひとつのことに、全部大喜びです。

「電源入れたら、ブルッてなったー!」
「パスワード入れるのむずかしいなあ」
「ようこそってなって、ぐるぐるまわってるー!」

お絵かきにチャレンジです。
色鉛筆や絵の具、スタンプを選んで好きな絵をかいていきます。

「せんせい!みてー りんご!」
「ぶどうのスタンプ、どうやってだすん?」

あっという間の1時間でした。

電源の切り方と、片付け方を教えてもらって、今日はおしまい。

「今度は、いつ使えるかなぁ」

【1年タブレットお手伝い 根井】

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

ICT訪問研修 3・4年生

画像1 画像1 画像2 画像2
3年生 算数 重さ

台秤で
筆箱や教科書の重さを量って
それをタブレットで写真を撮って
読み取った重さを書き込んで
保存していく


4年生 算数 長方形の面積
面積の求め方をタブレット画面で図式化して
それをプロジェクターに映して考え方を発表していく


新しい時代が
やってきました


校長発


ICT訪問研修 6年生

画像1 画像1
タブレットが導入され
本日は
各担任の研修のため
全教室でICTを使った授業を行い
派遣講師が指導支援してくださいます

まずは2時間目
6年生は
卒業文集をタブレットで入力します


校長発

ナニワふれあいスタンプラリーマラソンピクニック 11月20日(日)

画像1 画像1
金管バンドクラブの演奏が待つ
浪速区民センターをゴールに

浪速区内をウォーキングする
ふれあいスタンプラリーが行われました

今年で第17回!
そして
昨年度より
そのコースを走るランニングイベント
マラソンピクニックが開催され

敷津校下子ども会
敷津ランナーズクラブ
子ども13人
大人7人
自転車伴走5人

大正橋の津波記念碑
八阪神社
折口信夫生誕の地
大国神社
木津市場
でんでんタウン
太鼓ロード
通天閣
今宮戎神社

12km走りました

浪速区探検は
バラエティーいっぱいです

ゴールでは
金管バンドクラブの仲間たちが迎えてくれます

地域
PTA
教職員
総出の一大イベントです

皆様
お疲れさまでした

子どもたちに
様々な体験と
チャレンジの場を保障したい

チーム敷津の
活動理念です


校長発
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
3/3 委員会活動
3/4 6年生を送る会
6年茶話会
PTAお疲れさま会
PTA実行委員会
3/9 しきつ子ども安全の日
地区別児童会