TOP

3年・そろばん出前授業

画像1 画像1 画像2 画像2
大阪珠算協会から、講師の先生に来ていただいて、そろばんの学習をしました。

まずは、そろばんとは何か?そろばんの歴史から教わりました。

1000年くらい前の昔のそろばんの玉は、今の菱形と異なり、丸形でした。玉の数も5玉が2つ、1玉が5つありました。

そして、そろばんの各部分の名称や数の表し方、玉の入れ方、はらい方などを学習しました。子どもたちは、各自そろばんを使って、1から9まで、数を入れたり、はらったりする練習を何度もしました。


慣れてくると、繰り上がりや繰り下がりのない、たし算やひき算の計算にチャレンジしました。やり方がわかってくると、

「もっとやりたい。」
「家でも練習しよう。」

と言う子もいました。

3月にも、算数の教科書を使って、もう少し学習していきます。


〔3年担任・水口〕
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30