TOP

1月8日 6年 保健指導

 6年生、小学校最後の保健指導で、命について大切なお話がありました。どの児童も真剣なまなざしで聞き心に深く学び取っていました。自分自身の誕生は、父母から受け継いだものですが、父母もそれぞれの父母から命を授かっています。さかのぼるとたくさんの命が途切れることなくバトンタッチされて今の自分の命が存在します。ですから命を粗末に考えたり、他の人に「しね」と言ったりすることは決して許されることではないと心にしっかりと刻んで話をきいていました。また、誕生から幼児期を経て学童期までの生育を振り返るとともに、これから迎える思春期、青年期、壮年期、老年期・・・と成長の過程を学び、これからの日々、そして卒業後も充実した生活を送ることの大切さなど自分自身の健やかな心と体の成長について大切なことを理解しました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校日記
8/11 学校閉庁日
8/12 学校閉庁日
8/13 学校閉庁日
8/14 学校閉庁日
8/17 学校閉庁日