小型人工衛星「まいど1号」

 先週末から校長室の前に小型人工衛星「まいど1号」が展示されています。
 「まいど1号」は、1日に地球上空を約15周し、世界中で発生する雷の電磁波を観測し、将来の雷予報システム実用化に向けた基礎データを収集する目的で、平成21年1月23日に打ち上げられました。

 この「まいど1号」は、東大阪市などの中小工場が協力してつくった人工衛星で、5年生の社会科の学習「日本の工業生産の特色」の学習でも取り上げられています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30