TOP

かべ新聞コンテスト入賞

 一年のうちで日没の早い時期を経過しました。今日から日を追うごとに少しずつ日没の時刻が遅くなり、12月31日の「大みそか」を迎えるころには、今日より8分、日没の時刻が遅くなるようです。もっとも日没が早い時刻は「冬至」前の12月初旬。
 今年も残すところ15日となりました。今週から始まる個人懇談では、保護者の皆様にはお忙しいところご協力をいただきまして、ありがとうございます。
 今年度より、次世代の子どもたちに必要な「持続可能な社会のあり方」を考えていくために、経済産業省が進める「エネルギー教育モデル校」事業に取り組んでいます。
 11月には、5年生・社会科で、関西電力堺港発電所、大阪ガス科学館と天然ガス荷揚げ埠頭の見学などを実施しました。
 年が明けて1月には、4年生・社会科・理科の学習で、校区内を通る「南海電鉄」の公共交通機関とエネルギーについて考える住ノ江検車区の見学を予定しています。
 「わたしたちのくらしとエネルギー」〜「かべ新聞コンテスト」入賞の知らせがありました。私たちの便利で豊かな生活を支えるエネルギーについて、考える機会となったようです。
 校庭では、寒さに負けないようにと、全校児童がペア学年に分かれた「児童集会」で楽しいひと時を過ごしました。
【12月16日】
    平成27年度 第1回 わたしたちのくらしとエネルギー
       「かべ新聞コンテスト入賞作品」のページへ
      http://www.energy-modelschool.jp/kabeshinbun/li...  
画像1 画像1

MOA美術館児童作品展・賞状伝達

 第二学期も残すところあと8日。運動場での全校朝会で、MOA美術館住吉区児童作品展に出品した児童作品への賞状伝達を行いました。
 今年度より推進している「エネルギー教育モデル校」事業。フランスで開催されている「COP21」では、地球温暖化防止に向けて、参加国間での基本合意がなされたことが新聞紙上から伝わってきています。
 明治維新後、東京遷都でさびれた京都の町興しのために、科学技術の振興の必要性を感じて事業を起こした島津源蔵。
 「日本のような石油のない国では、電気自動車でなければならない」と、島津は米国から2台の電気自動車を輸入し、自社バッテリーの開発に乗り出すきっかけとなったといいます。今からおよそ100年ほど前の出来事です。
資源小国のわが国の実情と将来を見通した島津の先見性には大いなる驚きです。
全校朝会で子どもたちに伝えました。  
 ※ 写真は島津製作所創業記念資料館提供
【12月14日】
      エネルギー教育モデル校のページへ
              http://www.energy-modelschool.jp/ 
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

金管楽器の演奏〜3年・鑑賞教室

 トランペット、ホルン、トロンボーン、チューバの金管楽器演奏者の皆様に来校していただき、3年生の「音楽鑑賞」を開催しました。保護者の皆様にも参観していただきました。今年度、学校戦略予算配付(加算配付)により、プロの演奏家を招き、生の演奏を通して子どもたちに音楽の魅力を伝えることが目的です。
【演奏曲】
○トランペット演奏〜「トランペット吹きの休日」(アンダソン作曲)「2本のトランペットのための協奏曲〜第一楽章」(ビバルディ作曲)。
○ホルン演奏〜「歌劇トゥーランドットより〜だれもねてはならない」(プッチーニ作曲)「5つの古いフランスの舞曲より〜ル・バスク」(マラン マレイ作曲)。
○トロンボーン演奏〜「わらうトロンボーン」(ローマン作曲)。
○チューバの演奏〜「金髪のジェニー」(フォスター作曲)「組曲動物の謝肉祭より〜ぞう」(サンサーンス作曲)
すべての楽器で「草けいば」、映画「サウンドオブミュージックより〜テーマ・エーデルワイス・ドレミの歌」を演奏していただきました。
「どうして演奏家になりましたか」という質問に対して、演奏家の皆様は学生や子どものころに金管楽器とふれあい、魅力を感じられたことをともに話されていました。
 東日本大震災で避難し空腹で寒い避難所において、希望と勇気を持つ機会となったということの一つとして、音楽の持つ力もあげられているようです。
 演奏家の皆様には、大変お忙しいところ日程をおくみいただきありがとうございました。子どもたちの心に響く「鑑賞教室」となりました。
【12月11日】
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「まほうの音楽」〜3年・音楽科公開授業

 「まほうの音楽を入れて歌いましょう」〜3年生音楽科の学習。
題材の目標は「音楽の特徴や音色の違いを感じ取って、想像豊かに聴いたり表現したりすることができる」「イメージに合った音を探して、表現の仕方を工夫することができる」
 まほうに似合う音を見つけ、他に発表するという授業。授業では、学習課題をしっかりと意識した子どもたちが、身体表現も交えながら、楽しい授業が展開されていました。黒板には、「音づくりのわざ」「音を重ねるわざ」のヒントカードの掲示があり、しっかりとした目的意識を持ち、トライアングル、カスタネットなどの楽器の特徴を生かし楽しく音探しをする子供たちの姿が見られました。
 初冬の日差しの降りそそぐ運動場では、寒さなどに負けないでボール運動に取り組む5年生の姿が見られました。
【12月9日】
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

難波の宮の瓦〜足元にある大阪の歴史

 12月6日(日)大阪市歴史博物館の東側、上町筋に面した「後期難波の宮跡」発掘調査現場での説明会。上町台地を中心とした古代文化の遺跡の一部に触れることができました。1961年、大阪市立大学・山根徳太郎先生が中心となり、発掘調査が行われた「後期難波の宮跡」は、726年に聖武天皇によって造営が進められたといわれています。
 内裏西外外郭の築地塀の瓦ではないかと推測されています。大化の改新(乙巳の変)後に移転されたといわれている前期難波の宮跡ともに発掘され、現在の史跡公園として保存されています。足元にある大阪の歴史に改めて感じ入りました。
 また、東京大学大学院・日置先生からいただいた海洋教育サミットの資料には、地球の表面を構成するプレートが描かれています。「オーストラリア大陸は一つのプレートの上にあり、安定しています。しかし、日本列島は4枚(ユーラシア、フィリピン、北米、太平洋)のプレートのせめぎ合いをしている上にあります」という説明に、もっと広く足元も見つめ、考え、その対策について、常日頃から考えていかなければならないと思い出しました。
【12月8日】
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

生活に生かす〜小学校理科研究大会

 12月3日(木)、4日(金)の両日にわたり「全国小学校理科教育研究大会」が京都市で開催されました。テーマは「科学的な考え方を実生活に生かす子どもの育成」。
 学習したことを生活に生かす力を育てることを目指しています。2年前の桂川の水害を教訓に、防災を理科学習に取り入れて学ぶ京都市立桂川小学校の研究の様子を見てきました。
 身近な生活の中から問題を発見して、自らの力で課題解決に向けて追究活動を行い、科学的な見方や考え方を実生活に生かす子どもを育てることをねらいとしていました。
 5年生の「流れる水のはたらき」、6年生の「電気の性質とその利用〜桂川の災害に備えた電気の利用」、3年生の「風やゴムで物を動かそう」など参考になる授業を参観してきました。
 「間違いが教える学びの力〜対話が深める探究学習」と題して講演された京都大学教授の大野照文先生が鉱物学に進まれたという少年時代の出会いなどは、東粉浜小学校でも実施した“研究者の顔の見える”出前講座(国立天文台・天文学出前講座)などと相通じるものがありました。全国各地より、大勢の先生方が熱心な討議に参加されていました。体験の幅が理科学習のすそ野を広め、高みを形成していくことも理解できました。
大野先生の少年時代の逸話について、全校朝会で子どもたちに紹介をしました。
 「ノーベル賞メダル」の裏側のデザインは「自然の女神」(左)のベールをあげて「自然の女神」の顔を見ようとしている「科学の女神」(右)の図案。
 これは、自然界にある森羅万象を科学することにより、法則性(真実)を見出していくことを表しているという東京大学大学院の日置先生のお話しが心に残りました。
 来年度の全国小学校理科研究大会は、いよいよ大阪市での開催が予定されており、再来年開催の東京大会に引き継がれる予定です。
【12月7日】
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

初霜の季節〜児童集会

 今日の児童集会はペア学年に分かれて「数合わせゲーム」。
集会委員がホイッスルで数を伝えます。「7つです。人数がそろったところから座りましょう」。冬晴れの寒い朝。寒さにめげずに子どもたちの元気に活動する姿が見られました。
昼休みには、体育委員が計画した「おにごっこランド」。
小春日和となった運動場には、本日配当された4〜6年生の子どもたちの歓声が聞かれました。
 体育館天井の改修工事は、周辺の皆様のご理解とご協力で資材搬入を続けています。
1月31日までの間、安全に生活できるようにと願っています。
いろいろとお世話になります。
【12月2日】
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

歯みがき指導、お話パレット

 正面玄関の掲示板に師走・12月の風物詩を飾りました。今年も最後の月のカレンダーとなりました。
 歯科衛生士による「歯みがき指導」は第2学年で実施。永久歯が出そろい、一生使う大事な歯をしっかりと守るための生活習慣を身に着けようと、子どもたちが真剣なまなざしで学んでいました。学校歯科医の先生も参観されました。
 「お話パレット」の皆様による読み聞かせは、3年、4年、6年。読み手の皆様の巧みな読み聞かせに、子どもたちはすっかり魅了されていました。
朝日小学生新聞で行っている「読書ノート運動」。努力の成果が認められて2年、4年、5年の計11名の参加者が、12月3日(木)付の新聞及びデジタル版に掲載されますという連絡がありました。よく頑張りました。おめでとうございます。
【12月1日】
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

インフルエンザの予防を!〜全校朝会

 乾燥した冬のシーズンを前に、保健委員会の子どもたちが、寸劇を通してインフルエンザの予防を訴えました。
「けい太くんは朝寝坊の宵っ張り」
今日も朝ご飯も食べずに登校しています。学校ではストーブから離れず暖をとっていました。帰宅後は夜遅くまでゲームに熱中。そこへ「インフルエンザからマモルンジャー」が登場して、インフルエンザに対する抵抗力や免疫力を高めるために必要なことを説明するというストーリー。
子どもたちにインフルエンザ予防の必要性について、わかりやすく伝えていました。
「手洗いするんじゃー」「うがいするんじゃー」「ハンカチんじゃー」「早寝早起きするんじゃー」「換気するんじゃー」「マスクマン」の5年・6年の保健委員会「インフルエンザからまもるんジャー」の皆さん、ありがとうございました。
 子どもたちの将来にかかわる地球環境問題を話し合う「COP21」。開催地、フランス・パリでの議題は地球温暖化と二酸化炭素削減。燃料電池車の話をしました。
1年生、2年生、5年生では「お話パレット」のみなさんによる読み聞かせを行いました。

【11月30日】
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

よりよい接し方〜5年・保健の授業

 「人との付き合いにおいて、よりよいコミュニケーション方法を考え、生活の中に生かそうとする気持ちを育てる」を目標に、体育科(保健)の公開授業を実施しました。
日常生活の中に見られる話し方を3通りの視点で考え、互いにすっきりする話し方について学ぶ授業。
【話し方の分類】
1 自分だけすっきりする話し方(攻撃的な話し方)
2 相手だけすっきりする話し方(日主張的な話し方)
3 自分も相手もすっきりする話し方(アサーティブな話し方)
 
 子どもたちが考える場面は「相手から宿題を教えてもらいたいという依頼を受け、5回までという約束を超えてしまったという場面」
「いつも頼りにしてくれてありがとう。でも自分でできるよ頑張って」という意見。
半面「自分でやらな(やらないと)勉強にならへんで」という吹き出しの言葉も。
 話し方により、自分も相手もすっきりする話し方のあることを改めて発見できた授業でした。
【11月26日】
画像1 画像1
画像2 画像2

「ボール運びリレー」〜児童集会

 今日の大阪市の最高気温は摂氏14度。明日から気温の低い状態が続きそうです。
子どもたちは、寒さに負けずに朝から運動場で元気に児童集会に参加していました。
「ボール運びリレー」で、子どもたち同士で楽しく触れ合い、運動を通して体を目覚めさせていました。
 4年生では「学級活動」(ソーシャルスキル)の公開授業。自分たちの生活経験を振り返り、よりよく生活する方法を学び合っていました。
【11月25日】

画像1 画像1
画像2 画像2

「さかなの栄養」〜4年・栄養教諭の授業

 「おさかなパワーのひみつ〜この漢字は鱈(タラ)といいます」4年生の食育の授業は、魚に含まれる栄養について学びました。
 「魚へん」に「雪」。日本海地方では、寒い時期にとれる「寒鱈」を使った食文化のあるところもあります。子どもたちは、興味深くさかなの栄養についての学習をしていました。  
 PTA・地域の皆様が主催した「秋まつり」では、245人もの大勢の子どもたちが参加し、晩秋のひと時を楽しみました。
 「秋まつり」に続いて、芝生がきれいに整備された中庭では、住吉大社の「獅子舞」、フローラの皆様の合唱、おやじバンドの演奏などが披露され、地域あげての「秋まつり」となりました。
【11月24日】
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第3回「東粉浜秋まつり」〜PTA・地域共催

 晩秋の晴天の空模様。PTA企画の第3回「東粉浜秋まつり」。子どもたちに楽しい思い出を作ってもらおうとPTA実行委員会の皆様が中心となって企画、運営しました。
「お茶会」等、さくら会、喜楽会、はくぐみネット、生涯学習ルーム、フローラ、おやじバンドの皆様にも祭りを盛り上げていただきました。
 11月1日(日)に種まきをした芝生のジュータンの上で、晩秋の日差しの中、楽しいひと時を過ごすことができました。関係の皆様、本当にありがとうございました。
【11月21日】

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

住吉区交歓音楽会〜第4学年

 住吉区内の小学校4年生が音楽を通して、他校の子どもたちの演奏に触れる「住吉区交歓音楽会」が住吉小学校で開かれました。
 東粉浜小学校からは4年生が音楽の時間に練習した合唱「君をのせて」、合奏「テキーラ」を披露し、子どもたちのハーモニーにたくさんの拍手がおくられました。
 会場の住吉小学校へ続く道では、キンカンの黄色い実が実り、初冬の風情を醸し出しています。
【11月20日】
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

学習成果を披露〜学習発表・学習参観

 3時間目、2年生の学習発表は、劇「11ひきのねこ」。音楽、体育などの学習で身につけた技能も披露しました。講堂には多くの保護者の皆様においでいただきました。お忙しいところありがとうございました。
 4時間目は「学習参観」。1年生・国語「すきなものクイズをしよう」、3年生・算数「まるい形を調べよう」、4年生・総合的な学習の時間「防災袋に何をつめる?」、国語「誰もがかかわりあえるように」、5年生・社会「貿易ゲームを通して」
 5時間目、6年生の学習発表・劇「本当にそれでいいの」。
 正面玄関には、過日実施した防災教室、大阪むすび塾の資料と併せて「非常持出袋」を展示。学習参観などでも取り扱った「防災」について、保護者の皆様にも非常時に必要なものについて、普段から考えていただく機会としました。
【11月19日】
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「体をつくる大事なもの」〜1年・栄養授業

 子どもたちに食生活に関心を持ってもらおうと、住吉区内小学校を巡回指導している栄養教諭による「栄養授業」(学級活動)を1年生で実施しました。
 「食べ物には成長著しい時期に必要な大切なものがありますよ」という栄養教諭の授業に、授業を受ける1年生は真剣に聞き入っていました。
 児童集会では、今週金曜日(20日)に、住吉小学校で開催される「住吉区交歓音楽会」に参加する4年生が練習した合唱(君をのせて)、合奏(テキーラ)の曲を披露しました。
【11月18日】
画像1 画像1
画像2 画像2

火力発電所、ガス科学館見学〜エネルギー学習

「便利で豊かな生活を支えるエネルギーについて学ぼう」
5年生の社会科では「日本の工業生産」について、理科では「電磁石のはたらき」について学んでいます。
 エネルギー教育モデル校事業を活用して、関西電力堺港火力発電所・堺メガソーラー発電所の見学、大阪ガス科学館で「エネルギー学習」(社会科、理科)を行いました。
 堺港火力発電所では関西電力の皆様の案内で、火力発電所で電気を起こす仕組みや環境を意識した排熱利用のコンバインド火力発電施設の見学。7万枚以上のソーラーパネルによる太陽光発電所も見学しました。手回し発電機による発電の体験などもしました。
大阪ガス科学館では化石燃料の可採年数と化石燃料を消費することによる地球環境への影響も知り、省エネの必要性をみんなで考えました。
 また、天然ガス、原油、石炭などの化石燃料のほとんどを海外に依存しているわが国のエネルギー事情について考えることができ、自分たちの将来の生活についても真剣に学ぶことができました。
 インドネシアから到着したというLPGタンカーの荷揚げの様子も見学できました。荷揚げされた液化天然ガスは、地上タンク一個分を一般家庭一世帯で使うと十万年も使えることや、これを大阪市で使うと、三日から四日でタンクが空になる使用量だと知り驚いていました。
 学校に戻り子どもたちは「エネルギー学習新聞」に、「天然ガス、石油、石炭はどうやってできるか」「ニュースでたびたび問題になっていた地球温暖化の原因も分かったし、天然ガス、石油、石炭などのエネルギーのこともわかって、自分たちも何か取り組みをしなければならないと思いました」などの感想をまとめていました。
関西電力、大阪ガス、エネルギー教育事務局の皆様のご支援に心より感謝申し上げます。
【11月17日】

       エネルギー教育モデル校事業のページへ
               http://www.energy-modelschool.jp/
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

子どもとのふれあい〜住吉中学校職場体験

「将来、教員をめざしたいので、小学校の先生の仕事に関心がありました」「子どもが好きなので、小学校での職場体験を希望しました」と12日(木)、13日(金)の2日間にわたって、住吉中学校から4名の生徒が職場体験で来校しました。
 しっかりとした目的意識を持った中学生に感心しました。給食や休み時間などで、子どもたちと楽しく触れ合う姿が見られました。
 二月に玄関に飾る掲示物の製作と環境整備の一環として落ち葉集めの奉仕活動をしてもらいました。
 住吉中学校担当の先生も生徒のみなさんの職場体験の様子を参観に来校され、活動している生徒の様子を微笑ましく見ていました。

【11月13日】
画像1 画像1
画像2 画像2

他に知らせることが大切!〜「防犯訓練」

【訓練】
「訓練。訓練。職員室前で○○○○○です。皆さんは教室に入りましょう」の校内アナウンスで、防犯訓練が始まりました。
「防犯には五つの約束を守ることが大切です」
「ふだんと変わったことや不審な様子を見た場合は、素早く大人の人などに知らせることも大切です」
無言で素早く避難できた様子を見ていただき、お褒めの言葉もいただきました。
「過去には、不審者により不幸な事件も起きたことがあります。異常を察知した時は、大人の人にすばやく知らせてください」と住吉警察署地域課の署員の皆様。教職員による不審者対応の訓練も実施しました。お忙しいところご指導をいただき、ありがとうございました。
【五つの約束】〜「いか の お す し」
  1「いかない」
  2「のらない」 
  3「おおごえでさけぶ」 
  4「すぐにげる」
  5「しらせる」
【11月12日】 
画像1 画像1
画像2 画像2

「ともだち」について考える〜「劇鑑賞会」

 「本当のともだちって、なんだろう」
「キンギョの転校生」の演目で公演するのは「劇団如月舎」の皆様。ドーナツ池に住む魚たちの中に、突然キンギョが飛び込んできて、あまり泳ぎの上手でないドジョウと友だちになるというストーリー。
 桜並木の紅葉を背にした「児童集会」では、ペア学年の子どもたちが手をつなぎ、ジャンケンゲームで楽しい時間を過ごしていました。
 11月 1日(日)に「ウィンターオーバーシート」という方法で冬用の芝生の種をまいた中庭の芝生は、順調に成長し、落葉の時期に緑がひときわ目立つようになってきました。地域の皆様の願いが芝生の彩に感じられました。地域の皆様の心温まるご支援に、改めて感謝いたします。
【11月11日】


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
4/1 着任式 安全点検
4/4 新年度準備
4/5 新年度準備 遠足下見(各学年)
4/6 入学式準備 新2年、新6年登校

学校だより

平成26年度「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」検証シート

H27年度 学校運営に関する計画

「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」検証シート