【道徳部】夏季研修会 1

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
大阪市 教職員の皆様
 暑い中ですがいかがお過ごしでしょうか。
7月29日(月)に道徳部の夏季研修会1を行いました。教材分析について研修がありました。各部会に分かれて、検証授業の教材研究をおこないました。また、武庫川女子大学の押谷由夫先生に研修をしていただき学びを深めました。8月2日(金)には夏季研修会2を予定しています。
 さて、この夏季休業中、多くの研修があるかと思います。
大阪市小学校教育研究会道徳部でも、研修を企画しております。
実際に実践を積み上げているメンバーがお話しいたしますのでよろしければぜひお越しください。

・8月8日(木)
 
 学習指導基本研修会(道徳)…基本的な指導のポイントや授業の進め方を報告する。
 講師:吉田 典子校長先生(宮原小)
 場所:教育センター

・8月21日(水)13:00〜16:30
 夏季実技研修会(道徳)…授業技術の向上を図るための研修会。読み物資料を使った道徳の、「評価」「教材分析」「指導法の工夫」についての参加型研修。
※締め切りました
 講師:大阪市小学校教育研究会道徳部研究委員
 場所:教育センター研修室

 それぞれの研修の申し込みについては、各校の管理職の先生や研修担当の先生にお尋ねください。
よろしくお願いします!

 また、9〜11月には全市公開で、道徳部が検証授業を行います。よろしくご参会ください。

箏 実技研修会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
小音連の実技研修会として、7月26日 大阪市立淀中学校 多目的室において、箏の実技研修会を行いました。
淀中学校で実際に指導いただいている先生にお越しいただき、箏について基礎から教えていただきました。その成果もあり、最後には全員で見事な合奏になりました。

音楽科では、日本の伝統、文化についても教えていかなければなりません。そのためにはまず教師が知っておくことが大切です。
今後またこのような機会があれば、ぜひみなさんふるってご参加ください。

20190718こくり第二回全大会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

国際理解教育部は、7月18日(木)に、第二回全体会を
木川南小学校で開催いたしました!

終業式の前日でしたが、油引きを延期してまで、たくさんの
部員の方々が参加してくれました!

・研究実践担当の韓先生による、今年度の研究主題と研究の視点について

・理論セクションの池田先生による、学習目標一覧表のための基礎知識と
 アセスメントシートの記入と交流

・研修セクションの山田先生による、今後の研修の予定

を行いました!

20190705大阪国際理解教育研究会総会

画像1 画像1
7月5日(金)に道頓堀ホテルで、大阪国際理解教育研究会の総会が
開かれました!

大阪市教育研究会国際理解教育部の、
歴代部長から、新しいリーダー、
そして今年度から新設の英語部の方々も一緒です!

今までの、そしてこれからの大阪における国際理解教育について
意見を交流することができました!

20190704国際理解教育部・研修会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
国際理解教育部は、7月4日(木)に、木川南小学校で研修会を行いました!

今回は、大阪大学人間科学研究科 特任教授の榎井 縁(えのい ゆかり)先生を
お招きしての、研修会です!

「自分にとっての国際理解教育とは」
「わたしの異文化体験」

など、国際理解教育初心者の方でもとっつきやすいテーマで、
グループセッションを行いました!

国際理解教育部では、今後もたくさんの研修を企画しています!
ご興味のある方は、ぜひ平野小学校 畑 大介(はた だいすけ)まで
ご連絡ください!

【道徳部】全体会報告・今後の予定について

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今年度も道徳部をよろしくお願いいたします。
 さて、6月6日(金)16:30〜の「道徳部研究委員全体会」は、先日開かれた各区の支部総会におきまして選出された研究委員の方々と、本部推薦されました方々に参加していただく、重要な会となりました。今年度の研究主題や研究組織、授業者などについて話し合いました。
 今年度の研究活動について、取り急ぎ日程の決まっているものだけ先にお知らせします。ご確認ください。
【主な活動日程】
・7月4日(木)  夕方〜 第1回道徳部有志研究会(福小)
・7月29日(月)9:30〜16:30 道徳部夏季研修会1(福小)
・8月2日(金)9:30〜16:30 道徳部夏季研修会2(福小)
・8月21日(水)未定 道徳部夏季研修会3(福小)・みちのりの会
・2月7日(金)午後 総合研究発表会(福小)・みちのりの会

琵琶湖疏水について学びました!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
6月29日(土)に近畿小学校社会科教育研究協議会の府県代表者会議が京都市で行われました。会議に先立ち、東山区蹴上の琵琶湖疏水フィールドワークに参加しました。田辺朔郎が4年8か月の年月をかけて完成させたこと、飲み水だけでなく、発電や灌漑そして水運に利用されていたことを間近に感じることができました。

部長あいさつ

画像1 画像1
今年度、社会部の部長となりました天下茶屋小学校の村上昌志です。
今、各学校では、学習指導要領の全面実施に向け、「主体的・対話的で深い学び」をめざした授業改善を進めています。市社研でもその取組に加え、令和3年秋の全小社大阪大会に掲げる大阪らしい実践的な研究主題やその方向性を議論しています。また指導計画第13次試案を発表するべく、今年度末の一次案完成をめざし、研究員全員による作業をスタートさせました。
さて、元号が「令和」に代わり、二か月がたちました。「令和」は英語では「ビューティフル・ハーモニー」と訳され、みんなの力や個性が調和することで価値が生まれるという意味もあるようです。
豊田前部長が築かれた成果を礎として、今年度はこれまで以上に社会科にかかわる校長、教頭、研究員の先生の力を結集し、一人ひとりの社会科への豊かな見識や熱い情熱を出し合い、実践研究を積み重ねるとともに、切磋琢磨を通して、全国の先生方に認めていただける力量を蓄えていきます。その実現に向け、みなさんの力を結集し、調和をはかり、よりよい研究活動を推進するという使命を果たしていきたいと思います。今後とも市社研の活動にどうぞご指導・ご支援をお願いいたします。

令和元年度 家庭部

1、 研究主題
 「豊かな心と実践力を育み、未来を拓く家庭科教育
〜持続可能な社会に向けて〜」
2, 研究目的
   ○SDGs(持続可能な開発目標)から、環境について考える。
   ○防災・減災の視点を取り入れた家庭科の指導内容・方法を検証する。
   ○達成感・成就感をつなげて自分の成長や生活を創意工夫する喜びを自覚できる子ど
もを育成する。 

3.  研究内容
(ア)SDGsの目標達成に向けて、環境教育・消費者教育について、さらに研究を深める。
(イ)災害時を想定した暮らし(リスクマネージメント)を意識する学習を検証する。 
衣生活に着目して、子どもたちが課題を解決できる力を育むために、どのよう
な課題を設定するのかを考える。どのような内容をどのような視点から、どのような方法で指導するのかを考える必要がある。家庭科が今まで行ってきた課題解決型学習を通して学習をすすめ、検証する。災害時の被害を予測し、最小化するための備えをするという考え方である
減災の視点を、防災とともに取り入れる。
(ウ)子どもの生活実践力を育む。
      日常の生活場面で使える生活実践力を身に付けておかないと、非日常の場面で生活実践力を発揮することは難しい。基礎的・基本的な知識や技能を、課題解決型学習の中でしっかり身に付けることを重視する。
      自分の行動を通じて環境を意識的に変化させることから、さらに課題を見出し、発展的に課題を解決する力が大切になってくる。それは、批判的思考力であり、判断力や表現力等である。具体的な場面で、なぜそうなったのか、どうすればよかったのかを考えることから、「できた」・「わかった」という達成感・成就感につなげることは、学校で学んだ知識や技能等を自分の生活で実践する行動力につながると考える。
  また、昨年度の研究から引き続き「深い学び」に向けた「主体的な学び」「対話的な学び」を充実させることで、家庭科のめざす思考力・判断力・表現力も豊かなものになり、生活についての課題を解決する力や、生活を創造しようとする態度も育まれると考える。
 

令和元年度 家庭部

令和元年度 家庭部 

1、 研究主題
 「豊かな心と実践力を育み、未来を拓く家庭科教育
〜持続可能な社会に向けて〜」
2, 研究目的
   ○SDGs(持続可能な開発目標)から、環境について考える。
   ○防災・減災の視点を取り入れた家庭科の指導内容・方法を検証する。
   ○達成感・成就感をつなげて自分の成長や生活を創意工夫する喜びを自覚できる子ど
もを育成する。 

3.  研究内容
(ア)SDGsの目標達成に向けて、環境教育・消費者教育について、さらに研究を深める。
(イ)災害時を想定した暮らし(リスクマネージメント)を意識する学習を検証する。 
衣生活に着目して、子どもたちが課題を解決できる力を育むために、どのよう
な課題を設定するのかを考える。どのような内容をどのような視点から、どのような方法で指導するのかを考える必要がある。家庭科が今まで行ってきた課題解決型学習を通して学習をすすめ、検証する。災害時の被害を予測し、最小化するための備えをするという考え方である
減災の視点を、防災とともに取り入れる。
(ウ)子どもの生活実践力を育む。
      日常の生活場面で使える生活実践力を身に付けておかないと、非日常の場面で生活実践力を発揮することは難しい。基礎的・基本的な知識や技能を、課題解決型学習の中でしっかり身に付けることを重視する。
      自分の行動を通じて環境を意識的に変化させることから、さらに課題を見出し、発展的に課題を解決する力が大切になってくる。それは、批判的思考力であり、判断力や表現力等である。具体的な場面で、なぜそうなったのか、どうすればよかったのかを考えることから、「できた」・「わかった」という達成感・成就感につなげることは、学校で学んだ知識や技能等を自分の生活で実践する行動力につながると考える。
  また、昨年度の研究から引き続き「深い学び」に向けた「主体的な学び」「対話的な学び」を充実させることで、家庭科のめざす思考力・判断力・表現力も豊かなものになり、生活についての課題を解決する力や、生活を創造しようとする態度も育まれると考える。
 


第6回 算数部基本研修会

2月22日(金)に今年度最後の基本研修会がありました。
小西先生による講義は「20までの九九」でした。十の位が「1」どうしのかけ算の求め方です。これは、インド式暗算の応用です。例えば「12×13」の答えは、かけられる数、かける数に着目して足すと「5」、かけると「6」になり、答えは十の位に「5」、一の位は「6」、百の位は「1」にしておき、「256」となります。限られたかけ算であれば、この応用で計算できるというものでした。
模擬授業は高学年部、井上委員による5年「」でした。授業内容は正六角形の求積でした。正六角形を合成や分解をして求積するのでなく、等積変形する事で台形や平行四辺形にしてから考えるという内容でした。研修に来ていた先生方から「なるほど!」「そういう解き方があったか。」などのつぶやきがありました。
今年度の基本研修会は、これで最後となりましたが、来年度も引き続き行っていきます。詳細が決まり次第、連絡します。


画像1 画像1
画像2 画像2
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

本部

国語部

保健部