平成26・27年度 教育研究会支部研究集録の掲載について

 平成26年度と27年度の支部教員研究発表会で発表いただいた内容の概要を研究集録にまとめました。「本部」の「配布文書」に支部ごとにフォルダにまとめています。ZIPファイルになっていますので、いったん保存していただいてからご覧ください。お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

【道徳部】平成27年度研究企画・各学年の実践

画像1 画像1
平成27年度に道徳部で研究・実践を進めてきた研究紀要が完成いたしました。
すでに2月26日(金)の「第13回道徳教育研究発表会」にご参加いただいた方には配布させていただいております。
また、3月末には大阪市内の全小学校に配布させていただきますので、またご活用ください。
なお、右側の「配布文書」の欄にそれぞれのデータがダウンロードできるようにしております。

第13回道徳教育研究発表会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
2月26日(金)、クレオ大阪西にて「第13回道徳教育研究発表会」を開催いたしました。
これは第31回総合研究発表会 中間発表会(大阪市教育委員会「がんばる先生支援」研究発表)として、道徳部が全国に向けて2年に1回開催している会です。
研究主題を「『よりよい生き方』をみつめる道徳学習の創造〜ねらいにせまる発問構成の工夫〜」と設定し、以下のような内容で進めていきました。

○公開授業・討議会
 道徳部研究委員の先生が、会場の舞台上で、道徳の「問題解決的学習」の提案授業を行い、その後、討議会を行いました。会場から「問題」の捉えや、道徳学習の中でどのようなことを大切にしていくのか、積極的な意見交換がなされました。

○研究発表会・研究協議会
 大阪市・大阪府・沖縄県からそれぞれ研究実践を発表していただき、その後討議会を行いました。「指導方法としての7つの工夫」「PDCAサイクルによる授業改善」「学習としてより深める道徳の時間」など、道徳の授業をする上での視点や工夫といったことを中心にお話しいただき、それぞれに深まった質疑応答が行われました。
 その後、道徳部部長より、公開授業者・研究発表者に感謝状が贈呈されました。

○講演会
 文部科学省初等中等教育局教育課程科教科調査官 赤堀博行先生より、「特別の教科 道徳の実施に向けて」という演題でお話をいただきました。道徳の教科化について大切なポイントを押さえたお話を聞かせていただきました。

 以下、アンケート内容を一部紹介します。
・「問題」が討議会で話題になりました。まさに提案授業だったと思います。いろんな県の方のいろんなお考えが聞けて、大変勉強になりました。子どもたちも、この雰囲気の中で堂々と発表していて、よく育っていると感じました。(静岡県の先生)
・問題解決の道徳の授業を見て、授業の流れであったり、子どもたちの本音の出させ方が勉強になりました。正しい行動は分かっているけれどできない、というところを話し合いにしてもという後での提案もあり、その授業も見てみたいと思いました。今回の授業を見て、子どもたちの発表する力、話し合う力がすごく高いと思いました。今までのクラス作りがあるからこそここまでできるのだなと思いました。(和歌山県の先生)
・いつもの道徳の授業とは違った発問にびっくりしましたが、子どもの様子に応じて今回のようなものも試してみたいと思います。資料を一読すると、子どもはほとんど何がよくて何が悪いかはよくわかっています。しかし、実践できないのが現実なので、今回のような授業の進め方も1時間で深める授業までできそうです。(大阪市の先生)
・様々な実践を聞かせていただき、大変勉強になりました。特に、道徳的価値が何なのか、どこにあるのかを授業者がじっくりと吟味し、生徒の考えが深まるための準備をしなければ、ということが分かりました。どの実践でも同じことは、毎回の授業を1つ1つ大切にし、積み重ねていくことが大切ということです。道徳の時間が「学習」になるようにするための考え方や方法を教えていただいたので、私も実践していきます。(静岡県の先生)
・赤堀先生のご講演は最新の内容で大変ありがたかったです。(北海道の先生)

 北は北海道から南は沖縄まで、全国から200名近くの方々にお越しいただきました。どうもありがとうございました。

保健部中間発表

平成28年2月19日 長居小学校にて大阪市小学校教育研究会保健部の中間発表会を開催いたしました。

重要 平成27年度教育研究論文の全文掲載について

平成27年度にご応募いただいた8編の教育研究論文につきまして、その全文をHPの「配付文書」に掲載しております。いずれも貴重な実践に基づく論文ばかりですので、全市の小学校の教育活動に活かしていただきますようお願いいたします。また、次年度にむけて研究論文にまとめていただく際に、参考にしていただきましたら幸いです。
今のところはZIPファイルでの掲載となっておりますので、一旦保存をしていただく必要があります。この点につきましては、今後、改善を図ってまいりたいと思います。

1月13日(水) 新任研修【学級活動部】

画像1 画像1 画像2 画像2
1月13日(水) 特別活動の新任研修が教育センターにて開かれました。

国際理解教育部 活動

画像1 画像1
【研究主題】「互いの人権を尊重し、地球上の人々と共に生きtる子どもを育てる」     
〜持続可能な社会の担い手を育むために、いつでも・だれでもできる国際理解教育の開発

【研究の内容】
3グループ(A多文化共生部会・B地球の未来部会・C外国語部会)を組織し、具体的な研究活動を進める。
国際理解教育活動が、いつでも、だれでも取り組むことのできるものへと位置付けるために、教科書を中心とした国際理解教育活動の推進を図る。
低学年からの英語活動のモデルを創造し、平成29年度からの大阪市英語イノベーション活動の全市展開へとつないでいく、外国語活動の構築を図る。
ESD(持続可能な開発のための教育)のベースとなる言語活動を通して、違いを認め合うコミュニケーション力の育成を図り、ESD教育の深化を図る。

【具体的な各グループの目標】  
A多文化共生部会:自文化を基礎として地域の仲間や異なる文化背景をもつ仲間と共に、学んだことや自分の考えを発信できる子どもを育てる。  
B地球の未来部会:地球上の様々な問題と、自分と世界とのつながりに関心をもち、地球の未来についてじぶんなりの考えをもてる子どもを育てる。  
C英語を使って人とつながる楽しさを知り、積極的にコミュニケーションを図る子どもを育てる。 

これらを実現するために、様々な取り組みをしています。

毎年、夏には、“夏フェス”と題した研修会を行っています。

写真は、8月27日に大阪市立南小学校で行われた研修会でのA多文化共生部会の様子です。

『新しいともだちがやってきた』

みんなで話し合って様々な意見を出し合い、楽しく研修会が進んでいました。

【道徳部】2015年12月4日(金) 2年検証授業

2015年12月4日(金)に大阪市港区の田中小学校で検証授業がありました。
資料名 :「黄色いベンチ」(私たちの道徳 1・2年)
授業者名: 前田 憲一 教諭

 この教材は、遊びに夢中になって公園のベンチを汚して人に迷惑をかけてしまったというお話です。
 みんなで使うものは大切にしなければいけないことは分かっている2年の子どもたちに「分かっているのに迷惑になると気づかなかったのはなぜか。」と問いかけ話し合いました。子どもたちは、夢中になると忘れてしまうこともあるというこに気づき、わざとではないけど迷惑をかけることもあるから気をつけようという気持ちになったようです。

授業後の討議会では、教員養成講座の学生さんも参加していただき、授業の成果や反省、フローチャート図の発問の有効性などを話し合いました。

[写真](上から順)
1.授業風景「二人は、ベンチが汚れると思っていたのかな?」
2.役割演技「はっ、とした二人はどんなことを話したのかな?」
3.授業の振り返り「分かったことや気づいたことを書こう。」


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2015年11月20日(金) 5年部検証授業

2015年11月20日(金)に大阪市淀川区の神津小学校で検証授業がありました。
資料名 :「最後のおくり物」(私たちの道徳 5・6年)
授業者名: 大谷 公平 教諭

この授業では物語の登場人物の心情などから、相手の立場に立って親切にすることの大切さを取り扱いました。
子どもたちも積極的に意見を出して話し合い、親切にするとはどういうことなのかを真剣に考えていました。

授業後の討議会では、お忙しい中、たくさんの先生方や教員養成講座の学生さんなどが参加していただけました。
授業の成果や反省、フローチャート図の効果的な活用法などを話し合いました。


【写真】(上から順)
1.授業の様子
2.授業の板書
3.授業後の討議会の様子
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

お知らせ【学級活動部】

小学校教育研究会ホームページが立ち上がりました。10月に配信しました配布文書を再度リンクをつけてお知らせします。

学級活動の指導案形式(平27)
学級活動部新指導案の考え方
平成27年度市学級活動部研究計画概略
学級活動掲示物資料



人権教育講演会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 11月2日(月)、教育センターで写真家の仲田千穂様に「写真家が見つめた喜界島の特攻花」−小さな花が私に教えてくれたこと−というテーマでご講演をしていただきました。「特攻花」と喜界島の方々との出あいを通して感じられたことや特別攻撃隊関係者の方々の思いを語り継がなければという仲田千穂様の強い使命感とエネルギーに感動しました。戦後70年を迎え、平和への思いを改めて強める機会になりました。

各部のテーマと視点

【歌唱部】
《テーマ》歌うことの喜びを感じ、主体的に表現する児童をめざして
      〜歌うって楽しいな!〜

○視点1
 基礎的・基本的な能力を着実に育てながら、児童の主体的な音楽活動を促す授業づくりの工夫。

○視点2
 音楽を愛好する心情を養うための多様な音楽活動の創造。


【器楽部】
《テーマ》心に響く器楽奏の素晴らしさを共に感じて
      〜表現する楽しさ、聴いてもらう喜びを大切にした活動〜

○視点1
 表現と鑑賞の一体化を意識した指導法および、個と集団を生かした学習活動を工夫する。

○視点2
 多様な音楽に触れ、様々な音楽活動をすることを通じて、音楽を愛好する心情を養う。


【音楽づくり部】
《テーマ》つながりを大切にした音楽づくり
      〜つくり、伝え、つながる楽しさや喜びが味わえる授業〜

○視点1
 音楽づくりの活動を通して、基礎的・基本的な能力を着実に育てる指導法の研究を深める

○視点2
 共通事項を明らかにし、創造的な音楽活動の充実を図る。


【鑑賞部】
《テーマ》心に響く音楽の味わいをめざして
      〜聴く喜びを大切にした活動〜

○視点1
 鑑賞活動と共通事項の認識をリンクさせ、音楽活動のもつ楽しさや美しさを個と集団の深まりの中で共感しあう指導方法を追求する。

○視点2
 時空を超えた文化としての音楽の価値にふれ、心に響く豊かな音楽活動を工夫するとともに、生涯を通じて音楽を愛好する心情を養う。

研究主題

伝え合い 高め合い 心に響く音楽学習をめざして
−音楽を学ぶ喜びを感じて−

研究の視点

【視点1】
 表現(歌唱・器楽・音楽づくり)及び鑑賞の活動を通して、基礎的・基本的な音楽的要素を高め、自らの感性を磨くとともに、個と集団を生かした主体的な音楽学習を創造する。

【視点2】
 文化としての多様な音楽のよさに触れ、音楽の美しさに感動し追求する心を育てるとともに、生涯を通して音楽を愛好する心情を養う。

6月19日(金) 道徳部研究委員全体会(道徳部)

6月19日(金)、道徳部研究委員全体会が開かれました。
内容は以下の通りです。

〇部長挨拶

〇本年度の研究について
 ・研究主題・組織について
   原案通り。SKIPメールにて配信。
 ・近畿小学校道徳教育研究会 滋賀大会について
   平成27年11月27日(金)9:00〜17:00、彦根市立城東小学校
   大阪市の分科会「豊かな心を育てる道徳教育の評価の在り方」
 ・学習指導基本研修会について
   8月20日(木)13:20〜14:00 教育センター5階講義室
 ・小学校教育課程研修会について
   8月20日(木)14:30〜15:30 教育センター2階講堂
 ・夏季実技研修会について
   8月25日(火)(スタッフは13:00〜16:30)教育センター4階研修室
 ・道徳教育研究発表会について
   平成28年2月26日(金) 会場:クレオ大阪(予定) 

○学年部会
 ・自己紹介
 ・検証授業者の決定
 ・研修計画の日程
 ・夏季研修会参加者
   
○連絡
 ・全小道夏季中央研修会
   7月30日(木)9:30〜16:30、7月31日(金)9:30〜15:30
   西荻地域区民センター(東京都杉並区桃井4−3−2)
 ・大阪府小学校道徳教育研究発表大会 
   1月22日(金)
 ・次回8月5日(水) 夏季研修会1 9:30〜16:30

○激励の言葉

7月29日(水) 道徳教育研修会(道徳部)

7月29日(水)、道徳教育研修会が大阪市教育センターにて開かれました。
講師は大阪総合保育大学 藤田 善正 先生でした。
道徳の授業をする上での基本的な考え方と、それを基にして模擬授業を見せていただき、2学期からの指導にすぐ活かせるものとなりました。

8月5日(水) 道徳部夏季研修会1(道徳部)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
8月5日(水)、道徳部夏季研修会の1回目が開かれました。
内容は以下の通りです。

〇部長挨拶

○坂部先生ご講演「子どもを伸ばす道徳教育」

○連絡事項
 ・学習指導基本研修会について
  8月20日(木)13:20〜14:00 教育センター8階 講義室5
 ・小学校教育課程研修会について
  8月20日(木)14:30〜15:30 教育センター2階 講堂
   内容…教科化について・昨年度の実践「好きな道を歩む」での報告
 ・夏季実技研修会について
  8月25日(火)スタッフは13:00〜17:00 教育センター4階 3つの教室
 ・全国小学校道徳教育研究大会北海道釧路大会について
  平成27年9月17日(木)・18日(金)
 ・全国小学校道徳教育研究会第38回研究発表者募集について
  平成28年2月19日(金) 開催場所は東京都板橋区
 ・第13回道徳教育研究発表会(個人研)について
   平成28年2月28日(金)終日  場所:クレオ大阪西
   「がんばる先生」の指定を受け、発表。

○学年部会
 ・資料(すべて「私たちの道徳」文部科学省より)
  1年…ぽんたとかんた
  2年…黄色いベンチ
  3年…六セント半のおつり
  4年…心と心のあく手
  5年…最後のおくり物
  6年…小川笙船

○連絡
 ・SKIPメールをこまめに(週1回程度)確認してください。
 ・みちのりの会 8月21日(金) 詳細はSKIPメール配信済。

○激励の言葉

8月20日(木) 学習指導基本研修会(道徳部)

8月20日(木)、学習指導基本研修会が教育センターで開かれました。
教職経験2〜5年程度の先生方対象の研修会で、道徳部副部長先生より、基本的な指導のポイントや授業の進め方についての講話がありました。
参加者は真剣に学んでいました。

8月20日(木) 小学校教育課程研修会(道徳部)

画像1 画像1
8月20日(木) 小学校教育課程研修会が教育センターにて開かれました。
「特別の教科 道徳」の動向と学習指導要領に即した学習指導について、指導主事先生よりお話がありました。
また、その内容に基づいた実践報告を道徳部の代表がさせていただきました。

8月21日(金) 道徳部夏季研修会2(道徳部)

画像1 画像1 画像2 画像2
8月21日(金)、道徳部夏季研修会の2回目が開かれました。
内容は以下の通りです。

〇部長挨拶

○「学習指導基本研修会」・「小学校教育課程研修会」報告

○学年部会
 ・教材(すべて「私たちの道徳」文部科学省より)
   1年…ぽんたとかんた
   2年…黄色いベンチ
   3年…六セント半のおつり
   4年…心と心のあく手
   5年…最後のおくり物
   6年…小川笙船
* 教材文・指導案(フローチャート図含む)を確認し、プレ授業や検証授業までに各校で実践しておくこと。(指導案は完成後、研究委員にはSKIPメールにて配信します。)
* 検証授業やプレ授業の日程を確認し、出席できるよう調整願います。(自分の学年の授業は必須。他学年についても調整がつけばぜひ。)

○連絡事項
 ・みちのりの会出席者…13名→次回は2月26日(金)です。
 ・夏季実技研修会について
  8月25日(火)スタッフは13:00〜17:00 教育センター4階 3つの教室
 ・府小道大会発表者の募集
   平成28年1月22日(金) 場所未定
 ・第13回道徳教育研究発表会(個人研)について
   平成28年2月26日(金)終日  場所:クレオ大阪西
   「がんばる先生」の指定を受け、発表。

○激励の言葉

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

本部

生活・総合部

道徳部

学級活動部