東高校は、令和5年度に創立100周年を迎える歴史と伝統ある高等学校です。普通科・英語科・理数科の3学科を設置し、お互いが切磋琢磨しています。中学生の皆さん、チーム東高校の一員として、一緒に新しい歴史を作りましょう!

7月13日(火) 校長日記其の七十〜犬のおしっこの力〜

 今年2月に三重県鈴鹿市の交差点で、信号機の鉄製の柱が根元から倒れた。科学捜査研究所が柱の根元の地面を調べたところ、同じ交差点にある別の信号機の約42倍の尿素が検出されたとのことで、犬の尿に含まれる塩分が原因で通常よりも腐食が進んだ可能性が高いとの結果がまとめられた。
 柱の耐用年数はおよそ50年だが、この柱は経過年数が23年。およそ倍以上の腐食の速さである。当該の地面から約42倍、柱そのものからは約8倍の尿素が検出されたそうだが、犬が電柱や家の角におしっこをするのは、日常的な風景の一つであり、衛生的ではないものの、生理現象として仕方がないと、多くの方が許容しているような気がするが、信号機が倒れるほどの影響を及ぼすとなると穏やかではない。
 ペットボトルを持参し、尿の後始末をされている方も増えているが、飼い主の多くは、「外でおしっこができないとなると、どうすればよいのか…」と困惑しているようだ。ただ、専門家によると、犬が外で排泄できないことで大きなストレスになったり、病気になったりはしない」そうで、「事前に排泄を済ませておくよう、その犬に合ったしつけをしてください」とのこと。飼い主の腕の見せ所だな…、と犬を飼ってもいない私が勝手に言う。

  犬とても おうちで静かに 花を摘み…

 先日も体長3m以上のアミメニシキヘビや絶滅危惧種の巨大鳥ミナミジサイチヨウが逃げて大騒ぎになったが、動物を飼う限りはその責任は果たしてほしい。可愛いと思って飼い始めるが、大きくなって手に余る、引っ越しで飼えなくなるなど、人間の事情など動物にしてみれば知ったことではない。何度も言うが、動物に罪はない。