第5回学校説明見学会開催のご案内

平素は本校の教育活動にご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。
2/22(土)の第5回学校説明見学会についてご案内いたします。

(日  時)2月22日(土)
      10:00〜全体説明会開始
      (9:30〜受付開始)
    
(受付場所)本校明都館
     (正門を入って右へお進みください)

(当日の予定)
  9:30〜10:00 受付(2階明都館)
 10:00〜10:45 全体説明会(2階明都館)
 10:45〜10:55 各学科へ移動
 10:55〜11:45 1回目の各学科説明見学会
 11:45〜11:55 2回目の説明見学会の案内
 11:55〜12:45 2回目の各学科説明見学会
 12:50頃      質疑応答・終了・解散

※当日は、機械・機械電気科、建築・都市工学科、電気電子工学科、理数工学科の4学科よりご希望の学科をお選びください。

※今回(最終)の各学科における説明見学会では、次の内容について担当者より具体的な事例を交えながらご説明いたします。各学科には特色がありますので、どの学科の説明を聞きたいのかを事前に決めていただきますと、スムーズなご案内ができます。
 1.専門学科推薦を利用した国公立・私立大学への進学について
 2.国公立工業高等専門学校への4年次編入について
 3.指定校求人による就職先内定状況について

※当日の参加につきましては、
 中学生および保護者の方に限ります。(予約不要)
 受付時間にお越しください。

皆さまのご来校を心よりお待ちしております。

電気電子工学科が『電気と工事』で紹介されました!

 電気電子工学科の教育内容が「現場技術者のための実務雑誌」である『電気と工事』の2020年2月号に紹介されました。
画像1 画像1

電験三種合同勉強会が『新電気』で紹介されました!(電気電子工学科より)

愛知県名古屋市にある名古屋工学院専門学校で開催された電験三種合同勉強会に、電気電子工学科の生徒6名が二泊三日の合宿で参加しました。
本校以外には、愛知県、三重県、京都市の各学校が参加し、高校生たちは既に電験三種に合格している専門学校生たちのサポートを受けて勉強を進めていきました。
この勉強会を紹介した記事が「電験三種受験と電気技術の専門誌」である『新電気』の2020年1月号に紹介されています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

都工屋上・地下見学ツアーの開催について

1月30日(木)の放課後に、都工生が都工のルーツや歴史にふれる企画として「都工屋上・地下見学ツアー」を開催しました。生徒会執行部の生徒が熱心に説明する様子や、初めて見る地下室や屋上の記念館に驚く参加者の様子も見られました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

機械科 白羊会読書感想文表彰式

 1月27日に実施した課題研究発表会の前に、白羊会読書感想文の入賞者表彰が行われました。今後も沢山の本を読んで、様々な分野の知識を深めてもらいたいです。
画像1 画像1

機械科 課題研究発表会

 1月27日に機械科課題研究発表会を行いました。課題研究は3年生の授業の一つで、これまで学んだ内容について1年間かけて実験研究や設計製作を行うものです。その成果を発表するのが課題研究発表会です。
 今年度は、エコデンカー班、マイコン制御班、溶接班、電気工作班、資格整備班、機械加工班の6班に分かれて研究や製作の発表を行いました。
 なお、来年度研究することになる2年生も発表会を視聴しました。
画像1 画像1

第4回学校説明見学会の開催について(電気電子工学科より)

 令和2年1月11日(土)に学校説明見学会を開催したところ、各科ごとの説明見学では電気電子工学科に多数の皆様にご参加いただき、ありがとうございました。その際参加できなかった皆様にも、当日の説明内容をお知らせします。
 なお、令和2年2月22日(土)【9:30から受付開始】に本年度最後の学校説明見学会が開催されますので、ご興味のある方はぜひともご参加ください。


◎電気電子工学科の特徴について、次の5点を説明しました。

1.近畿2府4県で電験三種の合格者をコンスタントに輩出している唯一の学校であること

 ※電験三種とは、第三種電気主任技術者試験のことです。

 3年の間に理論・電力・機械・法規の4科目に合格することで、経済産業大臣に対し免状の交付申請ができます。
 第三種電気主任技術者免状の取得者は、電圧5万ボルト未満の電気施設の保安監督にあたることができます。具体的には、ビル・工場・商業施設などの電気の責任者、電気保安法人の技術者として高圧受電設備の点検業務に従事することができます。
 なお、試験は年1回(9月に)実施され、合格率は8〜10%で、電気系の高校生にとっては最高峰の資格です。
 電気電子工学科は、平成28年度に5名の合格者を輩出し、電験三種全国高校生合格者ランキングにおいて全国第1位になった実績があります。


2.国公立・難関私立大学に進学できること

 現3年生を含めた3年間の合格実績を示します。
 【国公立】
  三重大学(総合工学科/電気電子工学コース)
  愛媛大学(電気・情報分野)
  大阪市立大学(電子・物理工学科)
 【私立】
  同志社大学(電気工学科)
  立命館大学(情報理工学科・電子情報工学科)
  関西大学(電気電子情報工学科)
  近畿大学(電気電子工学科)
  龍谷大学(情報メディア学科)
  大阪工業大学(電気電子システム工学科・情報知能学科など)
  大阪電気通信大学(医療福祉工学科・電気電子工学科)


3.国公立高等専門学校(高専)への編入実績が多数あること

 国立・奈良工業高等専門学校(電気工学科・情報工学科)
   ※情報分野にも進めます。
 国立・和歌山工業高等専門学校(電気情報工学科)
 公立・大阪府立大学工業高等専門学校(総合工学システム学科/電子情報コース)


4.資格取得を支援するための学習体制が充実していること

 電気系:電験三種、第2種電気工事士、第1種電気工事士、消防設備士(甲種4類)
 情報系:ITパスポート試験、基本情報技術者試験
 などの合格を目標にしています。


5.卒業生が電力・情報はもとより鉄道分野など多方面で活躍していること

都市工学科3年生 課題研究発表会

画像1 画像1
 
 1月22日(水)に、都市工学科3年生課題研究発表会が行われました。3年生では、課題を1つに絞って、今まで学んだ知識をより深く研究する「課題研究」という授業があります。1年かけて研究して来た事を、PowerPointを用いて発表します。今年の研究内容は次のとおりです。

・材料研究班・・・「コンクリートカヌーの製作」
・施工研究班・・・「スタンド改善について」「都市工学科応援団
          演壇について」「収納改善について」
・環境研究班・・・「大川の水質調査」「騒音と防音壁」「街路樹」
・情報研究班・・・「九州産業大学プロジェクトコンテストへの参加」
         「ウッドトランスフォームコンペティションへの
          参加」
・構造研究班・・・「橋梁模型コンテストへの参加」
・測量研究班・・・「ものづくりコンテストへの参加」


 施工研究班は、1年生の時から体育祭の応援スタンド組み立て係の10人が集っています。
 経年劣化による安全性を考えた時、旧スタンドでは不安が残るという事で、本校創立110周年記念として都島工業のOB会である浪速工業会より寄贈して頂いた建設資材の仮設足場部材を、1から組み上げがスムーズにいく方法を研究し、収納までまで仕上げてくれました。後輩達の宝となるでしょう!

 環境研究班は、将来の技術者の卵として、重要な分野である自然との共生を主なテーマとして研究をしました。
 水質も騒音も街路樹の管理をする都市計画も、すべて都市工学科の分野です。自然災害の多い我が国では、維持管理と復興も都市工学科の分野です。研究して深めた知識をつかって、未来につなげて欲しいと思います。


 3年生の皆さん、都島工業高校等学校の都市工学科で学んで過ごした3年間は、どうでしたか?この経験を胸に、輝かしい未来を歩んでいってください。



理数工学科卒業 マレーシア国立プトラ大学1回生の上村先輩が来校されました

画像1 画像1
画像2 画像2
理数工学科を平成31年に卒業し、マレーシア国立プトラ大学へ進学した上村丈夫先輩が来校されました。上村先輩から都島工業高校の後輩の皆様に向けたメッセージを紹介させていただきます。
 こんにちは。マレーシア国立プトラ大学一回生の上村です。プトラ大学はマレーシアで3本の指に入る大学です。ところで、マレーシアでは英語を話すしかありません。授業も、会話もすべてです。私はその相当なストレスに苦しみながら9か月をマレーシアで過ごしてきました。英語の苦しみを克服した今だからこそ、私と同じ夢を持つ後輩にマレーシアに進学することを勧める理由があります。それは、マレーシアでの学生経験は、私の夢である、よりレアな人材になり、好きなことを仕事にしていくという夢をかなえるための直接的な勉強が出来るからです。それについて少し説明します。
 一つ目は、英語を話せるようになることです。英語能力を得ることで、たくさんのベネフィットがあります。例えば、自分の好きなことについて、インターネットから、本からの情報が多くなり、それについてシェアできる人間の数が何倍にもなります。マレーシア人のほとんどは英語を話すことができます。彼らとの日常会話を通して、会話の英語をマスターできます。また、講義は全て英語で行われます。つまり、専門的な英語を勉強することもできます。私はその専門的な英語を学んだおかげで、台湾の自転車に関するビジネスの商談会に一人で参加することができました。
 二つ目は、異文化への理解とコミュニケーションの方法を学ぶことができることです。これはグローバルな人材になるための必須です。マレーシアの国としての以下の特徴が僕にこれを勉強させます。多民族国家と移民を積極的に受け入れる政治を持っているということです。まず、マレーシア人として、マレー系、中華系そしてインド系の人々が住んでいます。また、南インド系、アラブ、ヨーロッパ諸国からの移民もたくさん住んでいます。彼らは、彼らが一つの国で働き、闘争なしに共存していくために、彼らは異文化への理解に対する勉強を怠りません。そんな人々に囲まれて生きる経験は、日本の工業国としての、生産量に対する労働力の低下によるファクターが引き起こす人材不足にたいして、それを解決する人材を育てるために有効的です。日本の人材不足に対し、様々な国々の人々が日本に、労働者としてエンジニアとしてやってきています。そこで私たちは、彼らと英語で話し、協力することができる能力を求められます。マレーシアではその能力を根本的に学ぶことができます。
 他にも日本では体験できない経験を通し、よりレアな人材になることができる教育環境がマレーシアにはあります。よりレアな人材になり、この世界を渡っていきたいという夢を持っている方はぜひプトラ大学への進学を考えてください。マレーシアでお待ちしています。

大阪市立都島図書館 写真部の作品展示について

現在、大阪市立都島図書館において「都島区内高等学校紹介展」として都島工業高校の学校紹介と写真部の生徒作品を展示していただいております。
展示は1月31日(金)までとなっておりますので、ぜひお立ち寄りください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第4回学校説明見学会開催のご案内

平素は本校の教育活動にご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。
1月11日(土)の第4回学校説明見学会についてご案内いたします。

日時:1月11日(土)10:00〜全体説明会開始
           (9:30〜受付開始)
   
  ※終了は13:00頃を予定しています。
  ※当日の予定はコチラをご覧ください。
 
受付場所:本校明都館
     (正門を入って右へお進みください)

なお、2月22日(土)にも学校説明見学会を開催する予定となっております。
皆さまのご来校を心よりお待ちしております。

硬式野球部 活動報告

1月4日(土)、今年も恒例の「甲子園ラン」から新年の練習をスタートさせました。
学校から甲子園球場までの約20kmを3時間かけて走り切りました。当日は引退した3年生も多く応援に駆け付けてくれました。
甲子園球場では、スタジアムツアーに参加し、ベンチの中やグラウンドに入り甲子園球場で試合をするイメージをつくりました。
2020年が都島工業硬式野球部にとって輝かしい1年になるよう、甲子園球場に誓うことができました。
今年も応援よろしくお願いします!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

高校生と大阪市会議員との意見交換会

令和元年12月26日(木)に本校生徒が「高校生と大阪市会議員との意見交換会」に参加しました。
この行事は、市民に身近で親しまれる市会を目指して、高校生対象に大阪市会が主催している行事です。
当日は、80名を超える参加者と一緒に普段入ることができない市会構内の見学や100分間の市会議員との意見交換会を行いました。本校からは生徒会経験者の3年生2名が参加し、有意義な時間を過ごすことができました。
大阪市会の取り組みを通じて、高校生の政治や行政・選挙等への関心が高まることを期待しています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

理数工学科 大学等合格状況(12月25日日現在)

12月25日現在の理数工学科の合格状況です。
12月11日に北見工業大学の合格が決定し、国公立大学は7名合格となりました。

国公立大学       7名
 大阪市立大学     1名
 豊橋技術科学大学   2名
 長岡科学技術大学   1名
 鳥取環境大学     2名
 北見工業大学     1名

私立大学        57名
 同志社大学      1名
 関西大学       3名
 近畿大学       4名
 甲南大学       2名
 龍谷大学       4名
 大阪工業大学     27名
 摂南大学       1名
 大阪電気通信大学   10名
 東京工科大学     1名
 羽衣国際大学     1名
 大阪芸術大学     1名
 大阪産業大学     1名
 成安造形大学     1名

短期大学        3名
 産業技術短期大学   1名
 関西女子短期大学   1名
 常磐会短期大学    1名

高等専門学校          2名
 近畿大学工業高等専門学校   2名

専門学校              9名
 神戸電子専門学校         1名
 近畿大学付属看護専門学校     1名
 大阪工業技術専門学校       1名
 トヨタ神戸自動車大学校      1名
 京都建築大学校          1名
 大阪バイオメディカル専門学校   1名
 大阪リゾート&スポーツ専門学校  1名
 大阪情報コンピュータ専門学校   1名
 ポリテクセンター関西       1名

SSHスペイン海外研修9

12月20日金曜日
田中裕也氏の指導のもと、グエル公園の外部階段と回廊の実測を行いました。帰国後に3DCGを製作します。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

SSHスペイン海外研修8

12月20日金曜日
バルセロナ在住の実測家・建築家の田中裕也氏のアトリエを訪問し、実測やガウディについての講義を受けました。
画像1 画像1

SSHスペイン海外研修7

12月19日木曜日
ガウディが設計したグエル邸を見学し、ファサード(建築正面)と地階を実測しました。
帰国後、実測データをもとに3DCGを製作します。
また、サグラダファミリアも見学しました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

SSHスペイン海外研修6

12月18日水曜日
バルセロナで建設業を営んでおられる谷口達平氏の指導のもと、カタルーニャ地方伝統のレンガ積み工法であるカタランボールトの製作実習を行いました。
完成したボールトの強度と美しさに生徒は驚いていました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

SSHスペイン海外研修5

12月17日火曜日
本日は姉妹校にて施設見学・授業見学を行いました。
また、お互いの学校で行っている優れた研究について表彰しました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第50回 クラブリーダー研修会 開催

12月17日(火)にクラブリーダー研修会を開催しました。
当日は運動部と文化部に分かれて講義やディスカッションを行い、部活動の発展のために代表者としてふさわしい知識の習得や心構えについて学びました。
運動部は、大阪夕陽丘学園短期大学より田中愛佳様にお越しいただき「最高のパフォーマンスを引き出す食事の実践」についてご講演をいただきました。終了後は、「食事についていままで間違った認識をしていたこともあったので大変勉強になりました」という感想もあり、生徒にとって大変有意義な時間になったのではないかと思います。
文化部は、本校教職員より「部活動における文化部のあり方」について講義を受けた後、各グループに分かれてディスカッションを行いました。

今年も短い時間ではありましたが、実りのある研修会を開催することができました。
この研修会を今後の活動に大いに活かしてほしいと思います。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
学校行事
2/25 1・2年学年末試験 3日目
2/26 1・2年学年末試験 4日目
2/27 1・2年学年末試験 最終日
E科3年卒業記念品贈呈式
2/28 卒業式予行 各種褒章授与式 大掃除 C科2級土木施工管理技術検定表彰式

校長経営戦略支援予算

学校案内・学科案内リーフレット

いじめ防止等にかかる基本方針

その他